セカンド冷凍庫のコンセントにアース線は必要?冷凍庫二台目で月々の電気代はどのくらい上がる?大型冷蔵庫一台のが安い?

ニュース
広告

お家時間が増え、食材をまとめ買いする方も多くなったのではないでしょうか?
まとめ買いすることから、もう一つ冷蔵庫を買った、また買おうとしている方も多くなっています。

ところで、セカンド冷凍庫のコンセントにアース線は必要?
2台目の冷凍庫を持つと月々の電気代はどのくらい上がる
冷凍庫2台持つのと、大型冷蔵庫1台持つのと、どっちが安いのかも気になりますよね。

そんな、セカンド冷蔵庫に関する気になる点について徹底解明していきましょう!

セカンド冷凍庫のコンセントにアース線は必要?

食品をまとめ買いする方が多くなり、冷蔵庫をプラスで購入する方が増加しています。

冷蔵庫や電子レンジなど、家電製品についているアース線。
みなさんアース線について知っていますか?

安全を守るためにも取り付けが義務付けられており、全ての家電製品についているアース線
結論から言うと、感電など万が一に備えるためにセカンド冷蔵庫にもアース線は必要だと言えます。

セカンド冷凍庫のコンセントに、アース線は必要な理由について詳しく見ていきましょう!

このアース線は、漏電した時に感電してしまうのを防ぐために付いています。
漏電を防ぐのではなく、もしも漏電したとしても電気を逃がし、感電するのを防いでくれます。
また、雷による機械の故障を防ぐためにも付いています。

全ての家電製品に付いていますが、冷蔵庫や洗濯機など、水場で使用する家電に必要とされています。
それは、使用する人に感電しないようについているアース線ですが、火災などの事故を防ぐ役割もあるからです。

アース線は、人の命にも関わる、大切な物でもあります。

今は、小型のアースが内蔵されているものもあり、漏電対策が既にされている家電製品も販売されています。
メーカー側が安全性を確認しているため、最初からアースを付けていない場合もあります。
セカンド冷蔵庫の購入時にも確認しておきましょう。

万が一のことを考えて、取り付けておくことが良いですね。
もしもの事が起こらないことが1番ですが、起こってしまう事もありますよね。
そんなときのために、備えておくことが大切ですね。
元々付いていないものもあるので、確認しましょう。
自分の身は自分で守らなくてはいけないですね。

アース端子がなかったり、アース線が届かない場合は、専門業者に依頼する必要があります。
工事をするのには専門の資格が必要なので、自分で作業することは出来ません。
家電製品を購入した販売店や電気工事業者に頼みましょう。

しかし、アース線を使わなかったからと言って、家電製品が使用できないという事はありません。
また、使用しなかったからと言って壊れるということもありません。
アース線を使わなくても漏電さえしなければ、特に問題なく通常のように使用できます。

使用出来ないというわけでないのが、アース線があまり知られていない原因ですよね。
もしもが起こらなければ通常に使えてしまうため、起こってしまった時には手遅れになってしまうのでしょう。

DIYが流行っており、何でもやってしまう方もいますよね。
しかし、アース端子がなかった場合は専門業者しか扱うことが出来ないので、気を付けなくてはいけないですね。
自分で作業して、変な取り付け方をしていては、危険です。
アース線はさまざまな危険が伴うので、専門の方に任せましょう。
今は良くても、後で危険となる可能性もあるので、気を付けましょう。

このようにアース線は、自分自身を守るため、他人の命を守るためにも必要な安全装置です。
万が一を考えて、取り付けておいた方が良いでしょう。
もしものことが起こってからでは遅いです。

セカンド冷凍庫を持つと月々の電気代はどのくらい上がる?

安い時に食材をまとめて買うという方も多いのではないでしょうか?
そのためには大きな冷蔵庫が必要ですが、冷蔵庫は一度買ったら次はなかなか買う事はないので、失敗したくないですよね。

2台目の冷凍庫を持つと電気代はどのくらい上がるのかも見ていきましょう!

冷蔵庫は毎日動き続けているので、1番電気代がかかる家電製品と言われています。
近年では、消費電力の省エネ化が進んでいます。

そのため、古い冷蔵庫を使用していると、買い替える事で電気代を軽減出来るということもあります。
毎日使用するものなので、少し電気代が違うだけでも大きいですよね。

2台目の冷凍庫を持つと月々の電気代は、500円~1000円ほど上がるとされています。
家族が多いとそれだけ食べる量も多くなるので、まとめて買うと入りきらないですよね。

電気代が上がるというデメリットの反対に、2台目の冷凍庫を持つ事で節約できることもあります。

まずは、買い物の頻度を下げる事で余計なものを買わずに済みます。
安い時にまとめ買いすることもできます。
買い物の頻度が下がれば時間的な余裕も生まれますね。
また、ガソリンなどの交通費も節約できます。

さまざまなことを考えると、冷蔵庫に入りきらないようなら2台目の冷凍庫を持つのも良いでしょう。

共働きでその都度使う食材を買いに行くのも大変ですよね。
まとめて買う事で、負担を軽減できるという事も考えると2台目の冷凍庫は重宝するのではないでしょうか。
仕事で疲れ、スーパーのおかずなどを買ってしまうのであれば、まとめ買いの方が節約できますよね。
自分の生活スタイルと合っているかが、節約できるポイントですね。

今では多くの人がまとめ買いをしていますよね。
共働き世帯が増えていることもあるのでしょうか。
何度も買い物に行くのも大変ですよね。
また、安い時にたくさん買いたいですよね。
冷凍食品なども、日持ちが良く、ご飯が作れなかった時などに重宝しますよね。

さらに、冷蔵庫を買う時に迷うのが、2台目の冷凍庫を買うか、大型冷蔵庫を1台買うのかですよね。
どちらが良いのか、次に見ていきましょう!

広告

冷蔵庫・冷凍庫二台目を合わせた電気代と大型冷蔵庫一台とどっちが安い?

2台目の冷凍庫を買うのと、大型冷蔵庫を1台買うのとでは、どっちが安い?

実はサイズが大きいからと言って、電気代が高くなるということでもありません。
内容量が増えているので、電気代も高くなるイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

理由としては、大型になる事でさまざまな機能を付けられるという事です。
人工知能の搭載で冷やし過ぎを防いでくれたり、庫内の温度を一定にする機能がついていたり。
小さい冷蔵庫では付けることの出来ない機能によって、電気代が抑えられています

今では多くのメーカーが、省エネに力を入れています。
冷蔵庫のサイズは、自分が使いやすいサイズを選択し、さまざまなメーカーの省エネ機能を見るのが良いでしょう。

サイズが大きくなると電気代が高くなるわけではないという事にびっくりですね。
大きくなるとその分、冷やす力も必要だから高くなると感じてしまいますよね。
高くならない理由を考えると納得してしまいますね。
確かに、小さいものと大きいものでは機能が違いますよね。

まとめ

冷蔵庫など家電に使うアース線は、漏電した時に感電してしまうのを防ぐために付いています。
自分自身を守るため、他人の命を守るためにも必要な安全装置です。
付けなくても使用は出来ますが、もしもの事を考え付けるのが良いでしょう。

2台目の冷凍庫を持つと月々の電気代は、500円~1000円ほど上がるとされています。

電気代節約につながるさまざまな機能が付いているため、冷蔵庫のサイズが大きいと電気代が高くなるわけではありません
自分の生活スタイルに合わせて購入するのが良いです。

タイトルとURLをコピーしました