大阪王将冷凍餃子のカロリーや口コミは?生餃子を冷凍している?スーパーでも買えるのかも調査

グルメ
PooX2によるPixabayからの画像
広告

こんがりとした茶色の焼目。
生で食べても、醤油やラー油などのタレを付けても口に入れるとパリパリ、
サクサクとした食感がする餃子。

中華料理の中でも人気の餃子ですが、
・今回は大阪王将冷凍餃子のカロリーや口コミは?
・生餃子を冷凍している?
・どこで買える?スーパーでも買える?

このような点を紹介しながら、
人気の大阪王将の冷凍餃子についてお伝えしていきます!

大阪王将・冷凍餃子のカロリーや口コミは?

 

大阪王将・冷凍餃子のカロリー

大阪王将・冷凍餃子の人気商品のカロリーはどれくらいなのか気になるところですね。
羽根つき餃子は1個当たり46kcal、羽根つきチーズ餃子は44カロリー、
羽根つきカレー餃子は40kcalとなっています。

大阪王将・冷凍餃子の口コミ

気になる味の方はどうなのか?

このように、素材にこだわっていて美味しいという声が多い大阪王将の冷凍餃子。
以下に口コミをまとめました。

肯定的な口コミ

味に関して
・皮が薄くて食感はパリパリしていた
・始めて大阪王将の餃子を食べたが、美味しい香りとお肉がうまかった
・野菜が多くて、ニンニクの風味もあってまさに餃子そのものの味を感じた

調理に関して
・調理は簡単にできて美味しかった
・調理は難しいところがなくて、上手く美味しく焼くことができた
・油を始め、水やふたがいらないだけでなく、皮が破れてしまうのではないかと心配したが、
餃子の皮は焼きやすいように厚くなっている。
・具は少ないと思われがちだが、焼き上がりを食べたら、
肉汁がでてきて美味しく食べることができた

その他
・タレが2つついているので、お得だった

否定的な口コミ:

・焼きが足りないと生の食感となってしまう、
・火の調整が難しくて、調整を間違えると餃子が黒こげになってしまうこともある

などといった意見も聞かれました。
冷凍餃子は簡単に調理することができる反面、火の調整がポイントになります。

 

大阪王将の冷凍餃子とは?生餃子を冷凍している?

大阪王将の冷凍餃子は実際に調べてみたところ、
生餃子を冷凍しているとの声がありました。

大阪王将の家庭用の冷凍餃子は人気があります。
2020年に羽根つき餃子や羽根つきチーズ餃子、
羽根つきカレー餃子などの主力商品にいくつかが新しくなりました。

他にも水餃子やつまみ餃子などがあります。

 

広告

大阪王将の生餃子はどこで買える?スーパーに売ってる?

大阪王将の冷凍餃子はスーパーでも買うことができます。

スーパーでは「一般向け」のほかに「業務用」も売られています。
多くの人が買っている商品は「大阪王将羽根つき餃子」です。

一般向けだと物足りない人にはお勧めなのが、
1袋に50個入った大容量のパックです。

業務用の冷凍餃子も人気があり、食べている人も多いです。

1度に食べきらず、何個かに分けて使えるのも食費の節約につながり
大容量の強みといえますね。
パーティーやお祝い料理に使うのもアリかもしれません。

 

まとめ

大阪王将をはじめ、餃子や冷凍餃子について調べました。
餃子は第2次世界大戦が終わった後、
日本の兵士が中国の満州で食べていたのを宇都宮に戻り食べたのが最初と言われています。

大阪王将の餃子づくりの秘訣は国産野菜や肉、生姜を使っていて、
安心感を与えるほか、お客様から喜んでもらうための工夫が分かりました。

餃子専門店の大阪王将のホームページによると、
餃子を包むのが速い人はで2秒に1個のペースとのこと。

餃子をもっている時間が長いと手の温かさが餃子に伝わり、
鮮度が低くなってしまうからなのです。

2秒に1個のペースは熟練の職人のなす業といえますね。
経験や研修、自主的に練習を重ねていることが考えられます。
一般人には中々想像できませんね。

 

タイトルとURLをコピーしました