厚木のなんでもプレスせんべいとは!?餃子煎餅や持ち込み食材で作るオリジナル煎餅の味や値段は?本厚木・厚木プレスSenbeiについて

グルメ
eomminaによるPixabayからの画像
広告

お煎餅(せんべい)と聞くと、どんなことをイメージしますか?
おじいちゃんやおばあちゃんが食べている、日本のお菓子など。
今回はオリジナルの煎餅も作っている神奈川県厚木市のお店を紹介します。

厚木のなんでもプレスせんべいとは!?餃子煎餅や持ち込み食材で作るオリジナル煎餅の味や値段は?本厚木・厚木プレスSenbeiについて

 

厚木のなんでもプレスせんべいとは!?

神奈川県厚木市にある煎餅屋さん「厚木プレスSenbei」。
好きな具材を持っていくと、オリジナルの煎餅を作ってくれるのが特徴のお店です。

店は201510月に開店しました。
屋台のようで柱に貼られている写真を見ると、お客さんとオリジナルせんべいが写っています。

マネージャーのまゆさんはお店を始めた理由は、食べ歩きのイメージがない厚木に、
名産を手軽に食べられるようにしたいと思ったからです。

オリジナル煎餅をすることは開店当初からすでに考えていたということです。

お店で品物を注文するなら、お客様が自分の食べたい食べ物を
持ち込むことでメニューが増えて広がっていくと思ったからだそうです。

 

餃子煎餅!?持ち込み食材で作るオリジナル煎餅の味や値段は?

煎餅専門店、厚木プレスSenbeiはテレビでも取り上げられていて人気があります。

厚木の名産品を使ったせんべいだけではなく、
お店はなんといってもお客さんが持ち込んだ具材で
オリジナルせんべいを作ってくれるところです。

とはいえ持ち込みなしでもお煎餅の注文ができます。

どんなせんべいが売られているのか?
持ち込み食材あり、なし両方見ていきましょう。

 

持ち込み食材なしの人気煎餅

まずは自分で食材を持ち込みする必要なしの、
お店で売られている人気の煎餅は海鮮系やお肉系などいくつかあります。
そのうちの人気の二つをピックアップしました。

ホルモンプレスせんべい

厚木名産のホルモンを使ったホルモンプレスせんべいは、
お店の中での一番人気があります。
ホルモン独特のにおいもなく、
ホルモンが苦手な人でも食べやすい味となっています。

値段は1枚450円です。

・大えびプレスせんべい

名前の通り大きなえびがプレスされたせんべいです。
カルシウムがたっぷり含まれていて、値段は1枚500円です。

 

持ち込み食材でのオリジナル煎餅の味や値段、作り方

餃子やシウマイなどなんでも好きな具材を持ち込んで
オリジナル煎餅を作ってくれる厚木プレスSenbei!

オリジナルせんべいは400円で作ることができるそうです。

オリジナル煎餅の作り方はこんな感じです↓
出典:https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/maiko-kudou/19-00058

・プレス機にせんべいの生地を流していき、整形
・生地の焼き加減が良ければ具材をのせていく
・具材は火の通りやすさでのせるタイミングを変えるように工夫
・味が濃い料理は黒くなってしまうので、最後にのせる
・先ほどのせなかった味の濃い具材を入れていき、圧力をかけていく

出来上がったおせんべいの味は、
表面はパリッとしていてせんべいのぱりぱりした味と、
具材のしっとりした感じを楽しめるとのこと。

具材としてご飯を入れると
焼きおにぎりのような味になるそうです。

お店ではオリジナルせんべいを
なんと1日に
100枚以上焼いているということですが、
筋肉痛にならないのでしょうか?

マネージャーさんは最初の頃は筋肉痛になっていましたが、
今はなっていないとのこと。
経験を積み重ねていった熟練のなす業ですね。

広告

本厚木・厚木プレスSenbeiの店舗情報

お店の名前:厚木プレス SENBEI

住所:神奈川県厚木市中町2丁目8-1 会田興業ビル地下1F

小田急線本厚木駅から徒歩3分

お店では店頭販売と通販もあります。
通販は厚木名産セットをはじめ、

・大えびプレスせんべいセット

・海鮮セット

・厚木名産ホルモンプレスせんべいセット、

・たこプレスせんべいセット

が売られています。詳しくはホームページをご覧ください。

 

まとめ

具材が持ち込めて、低価格でオリジナルのおせんべいを
作ってくれる厚木プレスSenbei!

でも持ち込み食材なしでも美味しいお煎餅が食べられます。

面白い発想と試みは、厚木の街を盛り上げてくれるに違いないと感じました。

タイトルとURLをコピーしました