トリュフを探す動物は犬や豚だけ?犬種や、なぜトリュフを探すのかについても調査!

広告

トリュフ豚やトリュフ犬を知っていますか?
元々は豚が活躍していましたが、見つけたものを食べてしまう事から今では犬が大活躍です。

では、どのような犬種が向いているのでしょうか?
トリュフ犬やトリュフ豚は日本にもいる?

トリュフを探すことが出来るのは犬や豚だけなのか、なぜ探すのかなど、トリュフ豚やトリュフ犬についてご紹介していきましょう!

【関連記事】

空港探知犬の種類はビーグルが多い?なぜ?ビーグル以外の検疫探知犬についても
空港を歩いていると目にする探知犬の種類は、ビーグルが多いのはなぜでしょうか? 理由はその鋭い嗅覚が空港探知犬として必須の能力だから。 もちろん、他にも危険物探知犬としてシェパードなども活躍しています。 この記事では探知犬の...

トリュフを探す動物とは?

 トリュフは地下で育つキノコです。

そのため探すのに一苦労なのですが、トリュフには香りが豊かという特徴があります。

そこで活躍するのが、さまざまな匂いを記憶し嗅ぎ分けることが出来る犬なのです。

麻薬を嗅ぎ分けることが出来る、麻薬探知犬と同じような事です。
なかなか人が嗅ぎ分けられる匂いだけでは探せないですよね。

なぜ豚がトリュフを探すの?トリュフ豚って嘘じゃないの?


トリュフを探すことが出来る動物としては、犬だけでなく豚も有名です。

犬はトレーニングが必要ですが、トレーニングせずに見つけることが出来るのがメスの豚なのです。

では犬はともかく、なぜ豚がトリュフを探すのでしょうか?

豚は香りが発情期のオスが出す匂いに似ている事から、見つけることが出来るようですよ。
メスの豚はオスを探しているつもりなのですね。

ただ豚は見つけたものを食べてしまうことがあるため、最近は犬が大活躍のようです。

また本能的に嗅ぎ分けて探していることから、見つけるとオスを奪われたと勘違いして暴れてしまう場合もありました。

今では犬が主流な事からトリュフを見つける豚がいるなんて嘘と言われていますが、過去にはメスの豚も活躍していましたよ。

広告

トリュフを探す犬の犬種や豚の種類は?

トリュフを探すのに向いていると言われているのが、ボーダー・コリーです。
狩猟犬としても活躍する実力犬ですよ。

他にも、トイ・プードルやラブラドール・レトリーバーなどがいますが、小型犬が活躍する事が多いようです。

トリュフ・ドッグとも言われるロマーニョ・ウォーター・ドッグも適任ですが、一度絶滅危機になるなど数が少なくなっています。

改良なども行われ、今では麻薬探知犬や警察犬としても大活躍です。
そして、トリュフ豚として活躍していたのはメスの豚ですよ。

ところで豚はトリュフを食べますが、犬は食べれるのでしょうか?
見ていきましょう!

トリュフを犬は食べれるの?


トリュフを探してくれる犬ですが、犬はトリュフを食べれるのでしょうか?

犬も食べてしまう事がありますがトレーニングしているので、実際に活躍している時にトリュフを食べてしまうということはありません。

犬は嗅覚も優れていますが、学習能力も高いのですよ。

トリュフ犬は可哀想?

トレーニングが必要なトリュフ犬。
ただそんなトレーニングを行うことが、可哀想という声も出ています。

しかし犬自身は、遊んでいると思っているようです。
トレーニングは、生まれたばかりの小さなうちから始まります。
そのため、遊びの一環として行われていることがほとんどです。

ボールを投げて、取りに行くのと同じような事ですよ。

トレーニングを積むと犬がトリュフの匂いを感じて、地面を掘るように成長していくのですよ。
犬と共に成長していくことで、信頼関係も生まれ、綺麗なトリュフが収穫されるようになるのです。

トリュフ犬やトリュフ豚は日本にもいる?

トリュフ犬やトリュフ豚は、日本にもいるのでしょうか?

もともと日本でトリュフはとても貴重なもので、育てている人は少ないです。

そのためあまり見かけることはありませんが、トリュフ犬やトリュフ豚は日本にもいますよ。
今では犬を用いることが多いので、豚はほぼ見ることは出来ません

【関連記事】

空港探知犬の種類はビーグルが多い?なぜ?ビーグル以外の検疫探知犬についても
空港を歩いていると目にする探知犬の種類は、ビーグルが多いのはなぜでしょうか? 理由はその鋭い嗅覚が空港探知犬として必須の能力だから。 もちろん、他にも危険物探知犬としてシェパードなども活躍しています。 この記事では探知犬の...
狼の血90%の激レア犬・狼犬の値段は日本ではどのくらい?狼犬ことウルフドッグのハイパーセント犬種とは?大きさや、人間になつくのか、飼うことはできるのかについても調査
ウルフドッグは狼犬(おおかみいぬ・ろうけん)と呼ばれている珍しい犬種です。 ハイパーセントの犬種は6種類あり、日本では公式には2種類がウルフドッグとされています。 大きさは65センチから80センチほどあり、日本のペットショップでは買うこ...

まとめ

日本でも少ないですがトリュフ犬やトリュフ豚はいます。
ただ豚はオスの匂いを探していると勘違いしていることから、見つけたものを食べてしまう事があり近年では犬が活躍しています。

トリュフ犬に向いているといわれているのはボーダー・コリーです。

犬はトレーニングをしているので、トリュフを食べてしまうということはありません
可哀想という意見もありますが、犬自身は遊んでいると思っています。

 

タイトルとURLをコピーしました