ミニブタやマイクロブタは大きくなる?大人サイズはでかい?うるさい、臭い?豚はペットとしてなつく?飼うと後悔することやデメリットは?マイクロブタはどこで 買えるのか、値段や餌代、寿命や飼育方法についても簡単に!

動物
広告

小さくてかわいいのが特徴で、人気者となっているミニブタやマイクロブタ。

そんなミニブタやマイクロブタは、本当に大きくならないのでしょうか?
それとも成長して大人になったサイズはでかいなんてことも!?

豚と言ったらうるさい、臭いイメージがありますよね。
マイクロブタをペットとして飼うと後悔することやデメリットはあるのでしょうか?
なついてくれると嬉しいですよね。

マイクロブタはどこで買えるのか、値段や餌代、寿命や飼育方法など、小さいブタのペットとしての飼育について詳しくご紹介していきます!

ミニブタやマイクロブタの大人サイズはでかい?

小さな姿が可愛いと注目を集めているミニブタやマイクロブタ。
大人に成長したらサイズはでかいという噂も??

ミニブタの大人になった時のサイズは、体長1m、体重80kg

一方マイクロブタは約20㎏です。
マイクロブタでも中型犬くらいの大きさとなります。

しかし、それぞれ個体によって大きさが異なるので、より小さくなるよう開発をされたブタは小さくなることが多いです。
また、エサを与えれば与えるだけ食べてしまい、たくさんエサを与えてしまうとブクブク太ってしまいます。

ミニブタとマイクロブタの違い

ミニブタやマイクロブタは、はっきりとした区分はなく、ミニブタやマイクロブタという品種がいるわけではありません。
そのため、明確な区別はありません。

ブタが品種改良され、小さくなったのがミニブタです。
そんな小さなブタをペットとして買うことがヨーロッパで流行しました。
しかし、ミニブタと言っても大きくなるとかなり大きく、放置されることが多くなってしまいました。

そこで誕生したのがより小さく開発されたマイクロブタです。
小さくしようと開発していた時、突然変異で現れた小さな個体同士をかけ合わせる事で生まれました。
手に乗る可愛らしいサイズで、多くの人を虜にしています。

小さな体でトコトコ歩いている姿が可愛らしいですよね。
まだ子供の姿で飼った方にとっては、大きくなったら飼えないという事も出てくるのでしょう。
しかし、放置するのは良くないですよね。
そして、そんなみんなの思いから生まれたマイクロブタは、突然変異で生まれたことにびっくりですね。
確かに小さな体のブタ同士をかけたら小さな子になりますが、それを開発する事が素晴らしいです。

広告

ミニブタやマイクロブタはうるさい、臭い?

ブタはうるさい、臭いとイメージする方も多いと思いますが、実際どうなのでしょうか?

やはり動物なので鳴き声が少しうるさいです。
しかし、鳴き声を発する時は、お腹が空いていたり、何かが嫌だ、不快だなと感じた時などです。
ブタは頭が良い動物でもあるので、しつけをすることでむやみやたらに鳴くことはありません
犬や猫と同じようなイメージで、ブタが特別うるさいというわけではありません。

ブタは、家畜のイメージがあり、臭いがきついのではと感じている方も多いのではないでしょうか。
実は体臭の臭いは比較的少なく、ブタはきれい好きです。

トイレも決まったところでする習性があるので、トレーニングをするとちゃんとトイレでしてくれます。
決まった所でトイレをしてくれるので、そこをこまめに掃除することで臭いは防ぐことが出来ます。

また、寝床から遠く、風通しの良い所が好きなので臭いもしにくいです。

しかし、発情期になると臭いがきつくなることがあるので、去勢手術や避妊手術を行っておくと防げます。
臭いが気になる方は、消臭剤を使う事もおすすめです。

動物なので鳴くのは当たり前ですよね。
犬や猫と変わらないのであれば、全然気にならないですよね。

しっかりとしつけが出来ていれば、問題ないですね。

ブタは頭が良く、綺麗好きというのがびっくりですね。
やはり家畜のブタのイメージがあるので、綺麗好きというイメージはないですよね。
しっかりとトイレを覚えたら、臭いはあまり問題ないですね。
後はトイレをこまめに掃除する人間が大切ですね。

マイクロブタはどこで買える?値段や餌代

そんなミニブタやマイクロブタはどこで 買えるのか、値段や餌代、ペットとしてなつくのかなども紹介していきます!

マイクロブタを購入出来る専門店・マイクロピッグファームのオンラインショップでの購入が一番安全とされています。
ミニブタやマイクロブタなど、品種があるわけではありません。
そのため、購入した時は子供の小さいブタだったが、成長したら大きいブタだったという事も。
マイクロブタはペットとして比較的新しい種類ということもあり、専門店で購入するのが良いです。

ブタをペットとして迎え入れるのに、まずかかる費用は約20~35万円です。
その他、ケージやトイレ、おもちゃなどにもお金が必要です。
また、エサやトイレシートなど、消耗品で月々約1万円。

さらに、ブタは年に1度、日本脳炎と豚丹毒のワクチンを打たなくてはいけません。
ワクチン代に年間約2万円かかります。

おもちゃやエサなど月々必要なものをすべて考えると、費用は年間14万円程です。

ちゃんと小さなマイクロブタを購入するなら、専門店がやはり安心ですよね。
品種がないとなると、成長したらどうなるのかわからないですよね。

ペットを飼う時に必要な初期費用、エサなどの月々のお金など、やはりこのくらいはかかりますよね。
その他、可愛いおもちゃや小物があったら、ついつい買ってしまいますよね。

お金が必要なのは初めだけではないので、ちゃんと育てていけるのか考えて飼うようにしましょう。

ミニブタ・マイクロブタはペットとしてなつく?

ミニブタやマイクロブタと言われる豚は一般に知能が高く、ペットにすると人にもよくなつきます
犬のように尻尾を振ってなつくわけではありませんが。

ブタは頭がいいので芸を覚えることもあります。
この点からも、犬や猫の代わりとしてペットにするのもいいかもしれませんね。

そんな人気のミニブタやマイクロブタですが、飼うと後悔することやデメリットはあるのでしょうか?
次に寿命や飼育方法も一緒に見ていきましょう!

ミニ・マイクロブタを飼うと後悔することやデメリットは?寿命は?

可愛い姿から飼いたいと感じてしまうミニ・マイクロブタですが、飼うと後悔することやデメリットは?
どのくらい一緒に居られるのか、寿命も気になりますよね。
飼うと後悔することやデメリット、寿命や飼育方法も紹介していきます!

飼うと後悔することやデメリットは、エサを良く食べる事から、エサ代が多くかかってきてしまう事もあげられます。
また、エサを与えすぎると、巨大化する危険性もあります。

ブタはワクチンを打たなくてはならず、月々のエサ代だけでなくワクチン代が高いことに後悔する方が多いようです。

寿命は、10~15年
ほどと言われています。
その期間しっかりと育てていけるのか考えてから、購入するようにしましょう。

ブタは人懐っこい性格で、可愛らしい姿をたくさん見せてくれます。
また、頭が良いのでトレーニングしたら、たくさんの芸が出来るようになることも!
そんなメリットもたくさんあります。
メリットデメリットを考えて育てるようにしましょう!

何も考えず、飼いたいから飼うというのは良くないですよね。
お金が必要なのは、初めだけではありません。
月々の費用もあること、その金額がどのくらいかかるのかなど、しっかりと考えましょう。
たくさんの可愛らしい姿を見るために、頑張って育てていきましょう!
たくさんの芸を覚えてきたら、可愛すぎて、元気も出ますね。

ミニ・マイクロブタの飼育方法

ミニ・マイクロブタの育て方についても簡単にお伝えしていきます。

綺麗好きのブタなので、トイレと寝床が分けられる大きめのゲージがおすすめです。
ブタは鼻で土を掘るので、ストレスがたまらないよう、庭に連れて行って土を掘らせてあげましょう
もし、運動のための散歩で土を掘る機会が取れないようなら、ゲージに鼻掘り用の玉砂利などを置いて代用するのが良いです。

ブタはエサを食べる時、足も一緒に器に入れてしまいます。
そのため、器はしっかりとしたもの、ステンレス製のものがおすすめです。

ストレスを与えないよう、土はちゃんと掘らせてあげなくてはいけないですね。
太るのを防ぐため、散歩するので、そこで掘らせてあげるのが良いでしょう。
もし、土がない場合はゲージに鼻掘り用の玉砂利を置きましょう。
それぞれブタに合ったものを買っていくのが良いですね。
綺麗好きなブタなので、ゲージは綺麗にしておきましょう!

まとめ

人懐っこいブタが特別うるさいという事はなく、あまり臭いも気になりません。

マイクロブタを購入出来る専門店で購入するのがおすすめで、初期費用は約20~35万円、月々1万円程必要です。

デメリットは、エサを良く食べる事でエサ代がかかることや、巨大化する可能性があること。

寿命は、10~15年ほどと言われています。
ブタは習性で鼻で土を掘るので、庭に連れて行くか、庭がない場合は鼻掘り用の玉砂利などをゲージに置いて代用しましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました