樽トマトとは?特徴や味は?東京都日野市トマト農園の日野樽トマトの直売所や通販についても!

グルメ
kie-kerによるPixabayからの画像
広告

東京都日野市の特産の樽トマトとは?
樽の形をしたトマト?
樽で作ったトマト?
一体どのようなトマトなのでしょうか?
特徴や味は?

土を使わず、ヤシの繊維を使って育てられている樽トマト。
糖度が高く、甘くて美味しいと人気となっています!
しかし、生産者が少なく、まだまだ数に限りが。

フルーツのように甘い樽トマトとは、どのようなものなのか、特徴や味、直売所や通販についても調査していきましょう!

樽トマトとは?特徴や味

東京都日野市で有名な樽トマトとは一体何者?
樽で育てるトマト?
想像がつかないですよね。
樽トマトとはどのようなものなのか、特徴や味を紹介していきます!

樽トマトとは、「樽」と呼ばれる大きな植木鉢を使って作られたトマトです。
この鉢が、ビール樽に似ていることから樽トマトと言われるようになりました。

日野市では、1つの樽に4本のトマトが植えられています。
樽1つ1つが独立していて、たくさんの樽が並んでいます。
そのため、1つの樽が病気になっても、他のトマトは無事なのです。

そして、最大の特徴は、土を使っていないこと!
樽トマトは、土を使わず、ヤシの繊維であるヤシガラで育てます。
ヤシガラは通気性、保水性、耐久性が良い!
そのため、第2の土とも言われています。

土の代わりに使われるヤシガラはふわふわしているので、隙間にたくさん酸素が入ってトマトの根が活性化。
水をたっぷり与える事で、養分もたっぷり吸収し、甘くてみずみずしいトマトに!

土を使わなくてもトマトが栽培できるという事に、びっくりですね。
むしろヤシガラは、良い事尽くし!
ヤシガラのふわふわによって、たくさんの水分を吸収することが出来、みずみずしいジューシーなトマトが食べられる(^^)
甘くて美味しいトマトを作ってくれるヤシガラに感謝ですね!

また、温度、水やり、肥料など、ほとんど自動管理!
トマトは実の危険を感じ生き延びようとたくさんの養分を吸収するため、枯れる一歩手前まで水をあたえないのが良い!
これによって、フルーツのように甘くなるのです。

このようにトマトにとって一番良い状況を、ノウハウと経験から研究し、たどり着きました。
これによって、生育スピードの調整、収穫時期がのばせれたり、時期を選ばす栽培する事ができ、一年通して栽培することも可能に!
甘くてみずみずしく、栄養満点の高品質のトマトが作れるようになりました。

東京日野市はトマト栽培が盛んでしたが、栽培農家の高齢化、後継者問題が発生し、減少傾向に。
そこで誕生したのが、樽トマトです。

土を使わないので土壌消毒の必要もなし、自動管理で育てやすい。
住宅地の中でも作ることができ、消費者が近いので、新鮮な状態で提供することが可能になったのです。

天候に左右されやすい路地栽培、水槽の管理、燃料代や電気代が多くかかる水耕栽培。
樽トマトは、1つ1つ樽が違うため、病気による全滅のリスクも低い。
このことから、路地栽培、水耕栽培より、樽トマトは扱いやすくなっています。

樽トマトの誕生は、トマト農家にとっては救世主ですね!
自動管理を作るのはとても大変だったと思いますが、凄いですね。
農家さんの培ってきたノウハウ、経験がこうして活かされているのが、良いですね。
自動管理出来る所は、自動の手を借りて自身の体を休めるのが良いです。
病気による全滅のリスクも低いことも、扱いやすくて嬉しいですね。

そんな、甘くてみずみずしい最高のトマトである日野樽トマト。
どこで買うことが出来るのでしょうか?
通販できるかも見ていきましょう!

日野樽トマトの直売所はどこ?通販はできる?

土を使わないびっくりのトマト、樽トマト。
どこで購入することが出来るのか、通販できるのか見ていきましょう!

樽トマトは、日野市のJAや、トマト農園の直売所で購入することが出来ます!
しかし、まだまだ生産者が少なく、数に限りがあり、人気商品のため、すぐに売り切れてしまうようです。
残念ながらAmazon、楽天市場など通販も行っていません。
一部の直売所を紹介します。

日野樽トマト 日野農産物直売所
住所:日野市万願寺6-35-13
TEL:042-583-2115
営業時間:午前10時~午後3時
定休日:日曜日

日野樽トマト ファーマーズマーケット「みなみの恵」
住所:東京都日野市万願寺6丁目31
TEL:042-589-0373
営業時間:午前10時~午後6時
定休日:水曜日

数に限りがあり、人気商品で、なかなか手に入らないのが残念ですね。
フルーツのように甘く、みずみずしいトマトなんて、それは食べたいですよね(^^)
樽トマトは、育てやすくなっているので、後継者、新たに農家に挑戦する人など、増えていって欲しいですね。
こんなに美味しいトマトを、たくさんの人に食べて欲しいですよね。
今はなかなか遠出は出来ないかもしれませんが、いずれ買いに行けることは楽しみにしていましょう♪

 

広告

まとめ

樽トマトとは、「樽」と呼ばれる大きな植木鉢を使って作られたトマト。
ビール樽に似ていることからそう言われるようになりました。
最大の特徴は、土を使わず、ヤシの繊維であるヤシガラで育てている事。
第2の土とも言われています。
また、温度、水やり、肥料など自動管理です。

樽トマトは、日野市のJAや、農家の直売所で購入することが出来ます!
しかし、まだ生産者が少なく、数に限りが。
Amazon、楽天市場など通販は行っていません。

タイトルとURLをコピーしました