多肉・塊根植物専門店とは?マニアックな専門店、東京豪徳寺スレイブ オブ プランツの評判は?塊根植物は育てやすい?

その他
Scott WebbによるPixabayからの画像
広告

初心者でも育てやすい種類もある、多肉・塊根植物。
サボテンも多肉植物の一種ですが、
今、この多肉植物がじわじわと人気になってきています。
多肉女子なんて言葉も聞いたことありませんか?

そんな中、マニアックな専門店、多肉・塊根植物専門店なるものも
現れてきているのです。

多肉植物専門店の一つ、スレイブオブプランツ(SLAVE OF PLANTS)は
東京世田谷区の豪徳寺に2018年にオープンし、
男性客を中心に人気があるとのこと。

今回は多肉・塊根植物専門店スレイブオブプランツにスポットを当て、
どんなお店なのか、評判はどうなのかと言ったことをお伝えしていきます。

また、塊根植物はそもそもどんな植物で、育てやすいのかという点も
合わせて紹介していきますね!

 

世田谷区豪徳寺の多肉・塊根植物専門店とは?値段は高い?

今人気の多肉植物はもともとは外国で生息している植物ですが、
日本でも多肉塊根植物を専門に扱っている、
東京豪徳寺にあるスレイブオブプランツを紹介します。

植物の奴隷!?なんだかすごい名前ですが、どんなお店なのでしょう?

世田谷の豪徳寺スレイブオブプランツは
池上大祐さんが
20189月に開業しました。

お店は小さいですが、中に入ると多肉植物がたくさん売られています。

値段は1,000円から高いもので1万円から2万円、10万円のものもあります。

開業のきっかけは2018年6月に友人から
塊根植物を見せてもらったことだそうです。
そこから塊根植物について勉強をはじめ、
店を開くことを決めたのでした。

お店を始めた池上さんでしたが、こんなエピソードもあります。
植物が増えていったことで、少し奥さんにあきれられたこともあったのですが、
自分の趣味で終わらせたくなかったのでお店を始めたということです。

池上さんの植物や趣味にかける熱と行動力を感じますね。

 

スレイブオブプランツの評判は?

特に男性客に人気だという、世田谷・豪徳寺の多肉・塊根植物専門店
「スレイブオブプランツ」の評判はどうなのでしょう?

インスタグラムを見てお店を訪れる人も多いということです。
客層はアパレル業界や美容関係の人が多いそう。

2018年9月にオープンしたお店で、
扱っているジャンルがマニアックなせいもあってか
口コミはあまり見つかりませんでしたが、このような声が見つかりました。

・レアな植物が売っている
・希少種は値段もそれなりに高いので、気軽に買えない
・多肉植物初心者は聞いたこともない植物や、
デザイナー作品の植木鉢が所狭しと並んでいる
・お店が見つけにくい

多肉植物のマニアにとってはもってこいの場所と言えそうですね。
とは言え、初心者の方でも始めやすい1000円などの価格帯もあるということなので、
興味のある人は今人気の多肉・塊根植物の専門店に一度足を運んでみてはいかがでしょうか。


店舗情報

毎日開店しているわけではないので、注意してください。

スレイブオブプランツ

東京都世田谷区豪徳寺1-45-10 1F
電話番号03-6336-3277

営業時間:
火曜~木曜
11:00-17:00
日曜12:00-18:00

休業日:月・金・土

 

広告

多肉・塊根植物とは

日本で注目を集めつつある多肉・塊根植物はコーデックスとも言われています。

塊根植物はマダガスカルをはじめ、北アメリカや南アメリカ、アフリカなどの
乾燥地帯に生息しています。

多肉植物は総称して、「多肉・塊根植物」と呼ばれています。

 

多肉・塊根植物の特徴

見た目は大きいものから小さいものまで幅広くあります。
丸みを帯びて膨らんでいることがかわいいことから、
日本の愛好家たちからはイモと呼ばれています。

成長が遅い植物が多く、小さいものでも何年から何十年までかかることもあります。
そのため、栽培している人より植物のが年上ということもあるほどです。

塊根植物がはやるきっかけになったのが
パキポディウムの「グラキリス(象牙球)」で、
塊根植物の代表として知られています。

丸みがあり、細い枝が生えています。
多くの愛好家から支持されている品種で、成長期は7月から8月です。

 

塊根植物は育てやすい?

塊根植物は豊富な種類が揃っていて、
初心者でも育てやすい種類もたくさんあります。

塊根植物初心者でも育てやすい2種類を紹介します。

フォッケア・エデュリス

初心者でも育てやすい塊根植物の1つはフォッケア・エデュリスです。
火星人の名前をもつ、夏型の植物です。

丸い塊根部分が成長すると、枝が上の方に伸びて葉が出てきます。
日光を好むので、日当たりのいい場所で育てるのがベストです。

パキポディウム・デンシフローラム(日本名 シバ女王の玉櫛)

コーデックス類にあたり、パキポディウムを始めるのに
人気のある植物はパキポディウム・デンシフローラムで、
「シバ女王の玉櫛(たまくし)」といわれています。

パキポディウムは難しい性質ですが、
シバ女王の玉櫛は丈夫で初心者でも比較的育てやすい植物です。

太い胴体に枝はトゲだらけですが、
パキポディウムの中では知られている品種です。

春には黄色い花が咲いて、枝が3つに分かれます。
花は密集して咲くため、見た目は豪華な雰囲気です。

枝は広がるように伸びて、1メートルほどの大きさに育つこともあります。

 

まとめ

世田谷・豪徳寺の多肉・塊根植物専門店「スレイブオブプランツ」や
初心者でも育てやすい多肉植物などについて紹介しました。

多肉・塊根植物は男性に人気のある植物であることが分かりました。

けれど最近は多肉女子という言葉も出てきましたし、
多肉・塊根植物の女性ファンも増えてきているようですね。

希少な植物にも出会える、多肉・塊根植物専門店は
そんな多肉女子・男子の方々にはたまらない場所なのではないでしょうか。

スレイブオブプランツには高価な希少種だけでなく
手軽に手を出せる値段の多肉・塊根植物も置いてあるということなので、
初心者のうちは簡単に低価格で始められる植物に挑戦するのもいいですね。

タイトルとURLをコピーしました