プロテインを使ったダイエットで運動なしでも痩せる?女性、男性で違いについても

その他
silviaritaによるPixabayからの画像
広告

新型コロナウイルスの影響で、
自宅で過ごす時間が多くなりました。

食事の量が増え始めて、お腹周りの脂肪や
体重が気になり始めたと感じた人もいるでしょう。

・運動したいと考えているけれど、外出自粛で外に出る機会が少ない。
・運動するのは面倒くさい
・家族から勧められているけれど、食事は我慢したくない。
自宅で無理なく気軽にダイエット出来る方法は?

今回はプロテインを使ったダイエットで、
運動なしでも痩せることが出来るのか、
男女間における違いはあるのかについてお伝えします。

プロテインを使ったダイエットで運動なしでも痩せる?

運動しないで痩せることができたのか、気になりますよね。

結論からいうと、プロテインダイエットで
運動しなくても痩せることはできます。

私は1年間、1日に1食の置き換えダイエットを実践しました。
その間、ほとんど運動することはありませんでした。

ただし、ダイエットに成功し目標の体重となったら
置き換えダイエットをやめて食べる量が増えたため、
体重は増えてしまいました。

私のようにリバウンドしていまわないためには
以下の3つのポイントが重要です↓

プロテインダイエットのポイント

①商品に記載されている置き換え方法をきちんと守ること
②バランスのいい食事を適量取ること
③減量に成功しても過度な食事をしないこと

以上の3点を意識すれば、個人的な経験から
プロテインダイエットで
運動しないでも痩せることできると考えます。

プロテインダイエットとは?

プロテインダイエットは朝、昼、夕食のうちの一食を
プロテインサプリメントに置き換えることです。

ダイエットの基本はバランスのいい食事をとることですが、
現状の食事内容を見直して余計に取っている
カロリーを減らして不足している栄養素をサプリで補っていくのです。

置き換えを行うことで、摂取カロリーを抑えられる反面、
他の必要となる栄養素も減って体調不良や
リバウンドなどを招くこともあるので注意が必要。

プロテインダイエットのメリット

プロテインダイエットを行うメリットは、
食事を減らすことで不足しやすいタンパク質や
ビタミンなどの栄養素を補給できることです。

満腹感を感じやすく、少し食事の量を減らしても
ストレスを感じにくく、続けやすい特徴があります。

プロテインダイエットのデメリット

プロテインダイエットにはデメリットもあります。

自己流で朝昼夕の3食全てプロテインに置き換えると、
一時的に体重は減少しますが、
リバウンドしたり体重が元に戻ったりする可能性が高いです。

たんぱく質の摂取が多くなるので、
腎臓へ負担がかかることも考えられます。

プロテインダイエットを行う上での注意点

プロテインダイエットを行う場合は、
極端に食事を置き換えて体重を減らすことはやめましょう。

バランスの取れた食事が基本となり、
不足している栄養素をプロテインで補うことを念頭に入れてください。

プロテインダイエットのやり方

ここからは自分も8年前に試したことのある
DHCのプロテインダイエット(ドリンクタイプ)を紹介します。
※あくまでも私個人が減量できた飲み方です

朝、昼、夕食3食のうち1食か2食を
食事の代わりに置き換えます。
限度は2食です。

味は以下の5種類です。

・ココア
・ミルクティー
・いちごミルク
・コーヒー牛乳
・バナナ

作り方

専用のシェーカーに350mlの水を入れる
5種類のうち1袋を選んでシェーカーに入れる
ふたをして、水と粉を混ぜて完成

広告

プロテインダイエットは女性、男性ともに運動なしでも痩せる?

ダイエットに失敗した私も今回自分が使っていた商品で、
男女差の違いはあるのか気になったので口コミについて調べました。

男性の口コミ

・使い始めてから8カ月。
夕食を置き換えているだけで
10キロ減った。

・夕食を置き換えて3週間で体重は約1.5キロ減った。
現在も体重を維持している。

女性の口コミ

・置き換え始めて2週間で3キロ減った。
・結果が出やすい。
・今までダイエットの成果がなくて初めて挑戦。
2週間で5キロ減った。目標体重まで頑張れそう。

男性、女性ともに使用上の注意を守っていれば
運動しないでもきちんと体重を減らすことができそうです。

今回紹介した口コミは個人が使ってみての体験ですので、
効果を保証するものではありません。

コロナ太りが増えている?

最近このような声を多く聞きます。

・テレワークで3キロ太った
・食べる時間が不規則になった

緊急事態宣言が出された2020年4月頃には、
1日に歩く歩数が急激に減少して
3000歩未満となった人の割合は
自粛前の2倍
もなったと言われています。

さらに、病気の予防として厚生労働省が推奨するのは
1日8000歩以上ですが、
これに達していない人も多くいるということです。

テレワークで運動不足

都心に通勤する人の中には2020年春頃から
業務の大部分がテレワークに切り替わり、
通勤しなくなった人が多くいますよね。

在宅勤務になってから、
動く機会はほとんどないという人も多いといいます。

自宅でデスクワークで同じ姿勢を続けていくうちに、
足腰や関節の痛みが出てきてしまうケースも多くあるそうです。

運動不足で筋力が弱まると、少しのことでも足がむくんでしまったり、
健康に悪影響が出てきてしまいます。

専門家もテレワークの普及と外出の機会が減ったことで
自宅にいる機会が多くなり、健康2次被害の生活習慣病の発症や
悪化するリスクを懸念しています。

プロテインダイエットで運動なしで痩せるのが魅力なのも事実ですが、
なるべく運動不足を解消するために意識して体を動かしたり、
歩いたりしてバランスよく健康を保ちたいですね。

まとめ

家族から最近太ったと言われた、
もしくはお腹が出たと言われたことはありませんか?

当てはまる人もいることでしょう。

実際に言われたけれど、運動するのは面倒だし
外出自粛だから外には出られない。
そんな今だからこそ、自宅でできるダイエット
「プロテインダイエット」を紹介しました。

このプロテインを使ったダイエットで実際に自分も
運動しないでも痩せられた話などもしましたが、
その中で気づいたのは、ダイエットを行う上では
バランスのとれた食事が大前提であること。
その上で不足している栄養素を補うために
サプリがあるということです。

プロテインダイエットの男女間の差についても、
口コミを調べる限り大差はなさそうです。

男女関わらず、正しいやり方を守ることが
プロテインダイエットをする上では大事だと感じました。

タイトルとURLをコピーしました