京浜工業地帯の夜景を車で見に行くのにおすすめのスポットは?夜景ツアーについても紹介

国内旅行
tasukaranによるPixabayからの画像
広告

夜景スポットといえばどんな場所を思いつくでしょうか?

東京タワーなどの観光地やイルミネーションなどを
思い浮かべる方が多いと思いますが、
工業地帯も無機質ならではの幻想的な夜景で人気が出ています。

なぜ無機質な鉄骨や配管などの工場ばかりの場所が、
人を引き付ける夜景スポットになるのでしょうか?

工業夜景の中でも人気が高いのが、神奈川県川崎市にある
京浜工業地帯の魅惑的な夜景スポットです。

この記事では京浜工業地帯の夜景の魅力や車で見に行くのに
おすすめのスポット、夜景ツアーについて
お伝えしていきます。

工業地帯の夜景がどんなものか分からない、
見に行きたいけどどうすればいいの?という方は
ぜひ参考にしてみてください。

京浜工業地帯を車で見に行くときのおすすめのスポット

電車やバスで行くことも出来ますが、
時間を気にせず楽しむためには車で行くのが一番です。

車で見に行く際のおすすめスポットをご紹介します。

  • 浮島町エリア

首都高速湾岸線・浮島インターチェンジを降りて
すぐのところに広がるのが、浮島町エリアの工場群です。

メタリックな建物が並んでおり、夜は360度光と音、
そして工場から出る煙で幻想的な空間が拡がっています。

マニアでなくても、写真を撮らずにはいられない光景です。

スケールが大きく迫力があり、
工場から聞こえる重低音も非日常さを演出しています。

  • 東扇島エリア

「東扇島東公園」「東扇島西公園」「川崎マリエン」など
夜景を鑑賞するにはぴったりな場所が多くあります。

その為、初心者でも夜景を楽しみやすいです。

特に「川崎マリエン」は展望台があり、
360度全方位を見ることが出来ます。

無料開放されていますし、天気が良く空気も澄んでいると
東京タワーやスカイツリー、富士山も見ることが出来るので、
工業夜景と合わせて楽しめます。

マニアじゃなくても、カップルやファミリーも多いので
初めてでも利用しやすいです。

  • 横浜市中区 池袋公園

こちらの公園はバスや徒歩では行きにくい為、
車で立ち寄るには静かで良いスポットです。

周りは住宅地で、住宅地と工場夜景のギャップを
すごく感じるので、工場夜景の近未来感や
非現実感をより感じさせます。

公園自体も小さめなので、ゆっくり工場夜景を見たい方や、
写真撮影を長時間したい方にもおすすめの場所です。

夜景ツアーで工場夜景を楽しもう

京浜工業地帯は運河も多いことから
工場夜景をクルーズで楽しむツアーが多くあります。

様々な旅行会社やクルーズ会社がツアーを組んでいるため、
コースやプランはツアーによっていろいろです。

どんなツアーがあるのか少しご紹介します。

  • 工場夜景を存分に楽しむツアー

工場夜景をとことん楽しむコースで、
ツアーによっては夜景評論家がプロデュースしていたり、
マニアが好むような穴場を多く回るツアーがあります。

基本的に工場夜景周りしか行かないので、安価な場合が多いです。

  • 工場夜景+別の夜景を楽しむツアー

横浜発着で横浜ベイブリッジやみなとみらいの夜景も
一緒に楽しめるようにコースが長めのツアーもあります。

みなとみらい地区も明かりが多く、夜に見ると綺麗な為、
カップルやご夫婦でデートに使われている方も多いようです。

  • 工場夜景+食事など楽しめるツアー

クルーズに加えて食事を楽しめるツアーも多いです。

例えば日中に集合をして横浜で食事、
その後にクルーズもありますし、
屋形船に乗って食事をしながら
船上を楽しむというツアーもあります。

会社やツアーによってサービスや時間帯も異なるので、
いろんな会社のホームページやツアープランを
見てぜひクルーズに参加してみてください。

大体どのクルーズもガイド付きが多いので、
京浜工業地帯の工場夜景の魅力をたくさん知ることが出来ますよ。

広告

京浜工業地帯の夜景の魅力

工業地帯といえば煙がモクモク出て無機質な
鉄骨のイメージをする方が多いと思いますが、
夜景にはどんな魅力があるのでしょうか?

  • 作業用の光で美しい夜景に

京浜工業地帯には製油所や化学工場、製鉄所などがあり、
夜間も活動している為、暗くなると作業用の明かりが灯ります。

その光に照らされた無機質な鉄骨の建物やパイプなどが、
近未来都市のようで日常では見れない景色です。

また工業地帯なので、工場の数も多くスケールも大きいので、
圧巻の景色になります。

遠くから全体を見る景色と場所によっての
景色は異なり、様々な角度から楽しめます。

  • 7つの人口島と16もの運河で楽しみ方いろいろ

京浜工業地帯は他の工業地帯に比べ、
人口島や運河が多く、工場の夜景を陸から見上げたり、
対岸の工場の夜景を眺めたりすることが出来ます。

またクルーズなどを利用すれば、
水上からの景色も楽しめ、穴場スポットに行けることも。

クルーズなら魅力を知っているガイドさんと一緒なので、
初心者の方でも工場夜景を楽しめます。

  • 都内などからも近くアクセスしやすい

全国には夜景が綺麗な工場地帯が多くありますが、
川崎市の京浜工業地帯は都内からのアクセスがとてもしやすいです。

電車や路線バスでもスポットを回ることが出来ます。

またクルーズがどの工場夜景より多いです。

鑑賞向けのクルーズも撮影をメインに
出来るクルーズもあるので、
自分のしたい用途に合わせて選ぶことが出来ます。

近くに横浜、東京、羽田空港があり、
そちらの夜景と共に工場夜景を楽しむこともできるので、
工業夜景を楽しむには多彩な環境にあります。

まとめ

今回は京浜工業地帯の夜景の魅力やおすすめ
スポットについてお伝えしてきました。

無機質な鉄骨や配管などが光に照らされ、
煙や炎の効果で近未来のような非日常の空間を作り出い、
それが工場夜景の魅力になっています。

特に京浜工業地帯はアクセスが良い上に、
人口島や運河が多く様々な角度から楽しむことが出来ます。

車で自分の好きなところを探しながら見るのも良し、
クルーズでガイドを聞きながら魅力を知るも良し、
ぜひ工場夜景の魅力にはまってみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました