iphoneでの顔認証、マスクが不便!マスク外さないやり方は?アップルウォッチでも解除可能に

ニュース
Engin AkyurtによるPixabayからの画像
広告

今ほとんどのiphoneに採用されているFaceID、いわゆる顔認証機能。

セキュリティ面ではかなり優秀な機能なのですが

マスクなどの顔半分が隠れる状態に対しては反応しないのが欠点。

特にコロナウイルス対策が叫ばれるこのご時世、
マスクは日常生活に欠かせないものになています。

いちいちマスクを外してロックを解除するのが面倒、

パスコードを打つのもめんどくさいという方も多いでしょう。

かといってケータイにロックをかけないのも嫌ですよね。

そんなあなたがアップルウォッチを使えば簡単に
ロック解除ができるようになることを知っていますか?

この記事では

iphoneでのロックをマスクを外さないで解除する方法

iphone、アップルウォッチの設定

について解説していきます。

「ケータイの設定はよくわからない・・・」という方に
向けて丁寧に解説していくので
ぜひ最後まで見ていってくださいね!

iphoneでの顔認証をアップルウォッチでマスクを外さないでするやり方

iOS14.5という新しいアップデートで追加されるこの機能。

ロック解除されたアップルウォッチをつけていることで
マスクを外さないでiphoneの顔認証ロックを解除することができます。

すでにロックが解除されたアップルウォッチを持っている→

そのアップルウォッチと近いところにiphoneがある→

本人である可能性が高い。

という理屈で本人確認をとっているわけですね。

つまり今のところアップルウォッチを持っている人しかマスクを着けたまま
顔認証ロックを解除することはできないということになります。

持ってない方はこの機会にアップルウォッチを買うか、
従来通りマスクをずらしてロック解除するしかないです。

アップルウォッチは手首につけていることがほとんどなので
一度アップルウォッチのロックを解除すれば
基本的には解除されたままです。

なのでiphoneのロック外すために
まずアップルウォッチの解除をして・・・

など余計に手間がかかってしまうということは少なそうです。

iphoneでの顔認証をアップルウォッチで解除するには

ここからは具体的なやり方を解説します。

1 iphoneiOS14.5にアップデートする。

20202/4時点ではまだアップデートは来ていません。気長に待ちましょう。

アップデートが来たら更新作業を行ってください。

2 「設定」→「FaceIDとパスコード」でアップルウォッチを使って

iphoneのロックを解除することを許可、有効にする。

だけです、簡単ですね!

ちなみにアップデートしただけではこの設定は
「無効」になっているので、
かならず手動で設定をしてください。

実際に解除するときは
ロック解除状態のアップルウォッチを着けて

いつもの顔認証ロックを外すときのように
iphoneに顔を認識させるだけでOK

特に操作をすることなくロックが解除され、

アップルウォッチに触覚フィードバックという
手首をたたくような振動、通知が届きます。

ちなみに自分の把握してないところで
ロックが解除され、通知が来た場合

アップルウォッチから遠隔でiphone
ロックすることもできます。

例えば知らない人が自分のiphone
ロック解除に成功した場合でも通知が来るので

不正にロックを解除されたとしても
遠隔ロックで対策できるというわけですね。

広告

まとめ

マスクをいちいちずらして顔認証するのは地味に手間でしたから
そこが改善されるのはうれしい話ですね。

ただ、アップルウォッチがあること前提なので持ってないよって人は
まだしばらくの間マスクずらしorパスコードでのロック解除になりそうです。

これを機に色々便利な機能が備わっているアップルウォッチの購入も
考えてみてはいかがでしょうか?

ちなみにこの方法はあくまでも端末のロック解除をするだけなので
Appstoreなどのパスワード入力にはつかえません。

マスクのままロック解除できるiOS
アップデートは近日中に配信される予定です。

タイトルとURLをコピーしました