マスクしたら化粧しない方がいい?肌荒れしないためにはマスクの下はすっぴんがいいの?

ニュース
kinkatesによるPixabayからの画像
広告

花粉症や風邪の際に、使用するマスク。

今まではあまり使用しなかったけど、
コロナ渦で毎日着けるのが当たり前になり、
肌荒れなど肌トラブルに悩まされている方は多いのではないでしょうか。

マスクをしていると目や眉以外は隠れているので、
化粧しない方が肌にいいのなら化粧は最小限にと考える人もいますよね。

ですが、化粧したから肌が荒れているのではありません。

マスクで肌が荒れるのは、マスクをすると乾燥し、
そのうえ肌が擦れてしまうので、
肌に大きな負担がかかっているからなのです。

化粧をしていた方が、肌の摩擦を多少は減らすことが出来るので、
ダメージを軽減できるともいわれています。

この記事では、

・なぜマスクをすると肌が荒れるのか?

・化粧とすっぴんでの肌トラブルの差

・肌荒れの対策法

をお伝えしていきます。

マスクしたら化粧しない方がいい?

マスクで肌が荒れてしまう4つの原因

そもそもなぜマスクをすると肌荒れをしやすくなるのでしょうか?

肌荒れの主な原因を4つ見ていきましょう。

1 つけ外しのときのマスクと肌の摩擦

日常を送っていると、食事をする、
水分を取るなどマスクを着け外す機会は多いですよね。

一回一回は些細な動きで、摩擦していると
感じることは少ないと思いますが、
一日に何回もしていると肌は傷ついてしまいます。

すると乾燥、バリア機能の低下、
かぶれなどを起こしやすくなり、ニキビの原因にもなるのです。

また摩擦は、シミの一種である肝斑の原因にもなります。

2 呼吸でマスク内が高湿度に

呼気によって、マスク内は常に温度、
湿度が高い状態になっており、
雑菌が繁殖しやすくなっています。

汗や皮脂も増えてしまうので、ニキビや吹き出物、
皮脂かぶれを起こしやすくなるのです。

ニキビの原因菌であるアクネ菌は皮脂を
えさに増殖してしまうので、
ニキビが特にできやすい状況になります。

3 マスクを外した時の乾燥

マスクを外すと、マスク内の
湿度が急激に低下してしまいます。

低下してしまうと、
肌から水分が一気になくなる為、乾燥します。

分かりやすく言うと、
お風呂上がりのような状態になるのです。

特に冬は湿度が低いので、外でマスクを
取ったりするとより乾燥していまい、
肌トラブルにつながりやすくなります。

乾燥した肌は、潤いを戻そうと皮脂を分泌します。

すると皮脂をえさにするアクネ菌や雑菌が増え、
ニキビや皮脂かぶれを起こしてしまうのです。

4 マスクの素材の繊維などの刺激や洗剤のアレルギー

人によってはマスクの素材によって、
肌が負けてしまい赤みやかゆみが発生する場合があります。

もともとはアレルギーがなくてもマスクを
毎日ずっとつけることによって肌が負けてしまうことも。

また、使い捨てではない、何度も利用できるマスクの場合は、
洗った際の洗剤が残っていたりすると、
洗剤が刺激になり赤みやかぶれの原因になるのです。

マスクで化粧しない方がいい?すっぴんとでは肌荒れに差が出るのか

化粧をする場合、肌の上に重ねていくことになるので、
マスクをしたときに肌荒れに差が出るのか気になりますよね。

化粧した状態とすっぴんでは、差があるのでしょうか?

マスクで化粧をしないすっぴんの場合の肌荒れ

すっぴんの場合は、肌のありのままの状態なので、
上記にかいたようなマスクとの摩擦や乾燥がそのまま当てはまり、
肌荒れを起こしてしまうことが多いです。

例えば私は、あまり化粧が好きではなく、
顔がもともと濃いこともあり
()
外にでるときもすっぴんが多いです。

普段はケアをあまりしなくても、
肌トラブルは少ないですが、マスクをするようになり、
口の周りのカサカサがすごくなりました。

化粧すると肌に悪いと勝手に思っていましたが、
すっぴんでも荒れる時は荒れるんだなと感じました。

マスクで化粧をした場合の肌荒れ

化粧をしてマスクをしているからといって、
肌荒れの原因が増えることはありません。

むしろ化粧をしていることによって、
肌に下地やファンデーションなど重ねている為、
すっぴん時よりマスクとの摩擦のダメージが軽減されます。

ただし、家に帰ってからなどの洗顔やスキンケアは、
しっかりと行いましょう。

特にマスク下はマスクなしに比べると、
乾燥や摩擦でダメージを受けており、雑菌も増殖しています。

そんな状態でしっかり化粧を落とさないと、
それこそ肌トラブルが多発してしまいます。

化粧をしてマスクする場合は、帰宅後の洗顔、
スキンケアで肌を清潔にするのが大切です。

広告

マスクしても肌荒れをしない為の3つの注意点

マスクをつけると肌荒れする原因は分かりましたが、
だからといってマスクをしない訳にはいきません。

少しでも肌荒れをしない為の対策をお伝えしますね。

1 肌に合うマスクの素材を見つける

マスクの素材には、不織布や綿ガーゼ、
ポリウレタンなど様々な種類があります。

不織布だと化学繊維でできている為、
肌の刺激が強いことが多いので、
綿ガーゼやシルクなど肌当たりがよく
低刺激のものを使ってみるといいかもしれません。

会社で不織布と決まっている方などは、
マスクの下にガーゼやコットンなど肌に優しい布を入れると良いです。

2 汗をかいたらこまめに拭く

マスクの中の雑菌の繁殖を防ぐ為にも、
マスクの中に汗をかいたらこまめに拭きましょう。

その際出来れば、保湿まで行ってあげると、
乾燥を防ぐことができ、肌荒れを減らすことが出来ます。

3 マスクを着ける日は保湿など念入りに

マスクをつける前はしっかり保湿をしておきましょう。

また帰ってきて、マスクを外した後も、
しっかり洗顔して念入りに保湿などケアをしてあげましょう。

洗顔はしっかり泡立てて、肌を傷つけないようにします。 

保湿も丁寧にすると、肌への負担が少なくすみます。

外出中お化粧の上から出来る化粧水のミストを持ち歩き、
こまめに保湿してあげると乾燥を防ぐことが出来ます。

まとめ

マスクをしたときの肌荒れについてや
すっぴんと化粧時の差についてお伝えしました。

肌が荒れる原因:

  • つけ外し時の肌とマスクの摩擦
  • 呼吸でマスク内が高湿度になるから
  • マスク外した時の乾燥

大きく3つの原因がありましたね。

化粧をしてマスクの方が摩擦ダメージが軽減するので、
マスクをする際はベースメイクだけでも
した方が良いかもしれません。

肌荒れしない為には、肌に合うマスクを使用しましょう。

汗をこまめに拭いたり、洗顔を丁寧にして清潔に保ち、
保湿をして肌に潤いを与えることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました