三浦ダイコンとは?特徴や時期、相場、食べ方は?三浦大根が少ない理由も!

グルメ
広告

刺身のつまや大根おろし、おでんやぶり大根など、食べ方がたくさんある大根。
そんな大根の中でも、三浦半島で昔から栽培されている三浦大根
どのような特徴があるのでしょうか?

三浦大根はかつて、三浦半島の代表的な大根でしたが、今ではあまり名前を聞くことが無くなってしまいました。
なぜ流通量が少ないのか、そしてなぜ特産となっているのでしょうか?
販売時期や相場も気になりますよね。

三浦大根の美味しい食べ方や保存方法についても紹介していきます!

三浦大根はオンラインで楽天市場などからお取り寄せもできます↓

三浦大根とは?三浦大根が少ない理由や特徴について

大正時代から作られている三浦大根ですが、どのような大根なのでしょうか?
かつては代表的な品種だったのですが、今ではなかなか聞かない存在に。

なぜ少なく、特産になっているのでしょうか?特徴も見ていきましょう!

三浦大根が今では貴重なダイコンとなってしまったのは、三浦大根の特徴的な形が原因とされています。
三浦大根の特徴でもある、ラグビーボールのような端が細くなっている中ぶくれという形。
このような形のため、収穫がなかなか難しく時間がかかってしまいます。

そのため、高齢者には作業しにくく、生産数もどんどん少なくなってしまっているのです。

また、昭和54年にきた大きな台風により、三浦大根も壊滅的な被害を受けました。
ここから短期間で収穫できる青首大根が広がることとなりました。

三浦大根は水分が多く、日持ちがしないことも、あまり流通しない原因です。

農業の継承は難しいですね。
特徴的な形が、手間になってしまっているのは、残念ですが仕方ないですよね。
収穫が大変というのが難点ですよね。

何か方法はないのでしょうか?
せっかく古くからある美味しい大根なので、どんどん広まって欲しいですね!

三浦大根の販売時期や相場

三浦大根の販売時期や相場も紹介していきます!

三浦半島と言ったら三浦大根となるほど、代表的な大根だった三浦大根。

しかし今では、販売されている大根のわずか1%未満となってしまいました。
冬の12月~2月が旬ですが、12月24~26日の3日間だけの販売です。
三浦市や周辺地域の直売所では、12月~3月上旬に販売されている所もあります。
販売数の90%以上で、スーパーで見かけるほとんどが、青首大根となってしまっています。

三浦大根の値段の相場は、150円~350円です。

スーパーなどで多く見られる大根よりは少し高めになっています。
しかしあまり収穫されず、販売期間も限定されている事を考えると、安い方ではないでしょうか。
期間限定の貴重な大根なので、通常の大根より高いのは当たり前ですよね。

また、送料はかかってしまいますが、三浦ダイコンはオンラインお取り寄せも可能です。


三浦市や周辺地域以外では3日間だけの販売というのは、びっくりですね!

比較的手に入りやすいのは、三浦市や周辺地域ですね。
昔はほとんどが三浦大根だったのに、今では青首大根となってしまっているのが、少し寂しいですね。
貴重な大根となっているため、少し高価になってしまっていますが、味は絶品なので納得ですね!

広告

三浦大根の美味しい食べ方

そんな貴重な三浦大根は、どのように食べるのが美味しい?
せっかく手に入れたら美味しく食べたいですよね。

おろしや煮込み、刺身のつまなど、さまざまな食べ方がある大根。
三浦大根は、どのような食べ方に適しているのでしょうか?

形も特徴的な三浦大根ですが、煮崩れしにくいのも特徴です。
そのため、ぶり大根やおでんなどの煮込み料理にピッタリです。
煮崩れしにくいですが柔らかいので、中まで染みている美味しい大根となります。

また、歯切れが良く、食感も良いので刺身のつまやなますにも人気です。
正月のなますは三浦大根と言われるほど人気のため、販売期間も正月に合わせる形となっています。

三浦大根は辛みが強いので、生で食べるには少し辛みが強いです。

大根によって個性があり、適した調理方法も異なるのですね。
適した調理方法をすることで、より美味しく食べられますね。
きっと大根も喜びます(^^)
素材を活かして食べるのが、1番ですね。
適した調理法もさまざまなので、いろいろ試してみるのも楽しいですね♪

三浦大根の保存方法

保存方法についても紹介していきます!

三浦大根を日持ちさせる保存方法は、水分が蒸発するのを防ぐこと!

①まずは、葉が日持ちしないので、切り落とします。
→切り落とした葉はすぐに食べてしまうか、下茹でしたり味付けしたりして、冷蔵や冷凍しておきましょう。②残りの根の部分は、新聞紙やラップで包み、冷蔵庫に入るなら冷蔵庫で保存しましょう。切り口だけでなく、全体をラップで包み、立てて保存します。
→サイズが大きい場合は、3等分ほどにカットしてから保存するのも良いです。

やはり、乾燥から防ぐことが大切ですね!
空気に触れないよう、しっかりとラップで覆うようにしましょう。
保存する時のひと手間で、美味しく食べられるのならば良いですよね。

まとめ

三浦大根は、12月24~26日の3日間だけの販売です。
三浦市や周辺地域の直売所では、12月~3月上旬に販売されている所もあります。

ラグビーボールのような端が細くなっている中ぶくれという形で、値段は150円~350円です。
台風の被害を受けたことや、特徴的な形から生産数が減少

ぶり大根やおでんなどの煮込み料理、刺身のつまやなますにもピッタリ
水分が蒸発するのを防ぐように、新聞紙やラップで全体を包み冷蔵庫で立てて保存

タイトルとURLをコピーしました