白筍の値段や口コミ、美味しい食べ方は?名産地・千葉県大多喜町の白タケノコについて

グルメ
May_hokkaidoによるPixabayからの画像
広告

筍と言ったらほんのり黄色のイメージではないでしょうか?
千葉県大多喜町の筍は、綺麗な白色のその名も白筍!

苦み、えぐみがほとんどなく、生でも食べられます!
その土地の環境、土地柄など、さまざまな状況が新鮮な筍作りにピッタリ。

地元の人でもなかなか出会うことの出来ない貴重な白筍。
値段や口コミ、美味しい食べ方など、気になるところを紹介していきます!

 

千葉県大多喜町の白筍とは?

千葉県大多喜町の白筍とは?

通常、筍はあく抜きが必要ですよね?
千葉県大多喜町の白筍は、あく抜きがいらない?
刺身など生でも食べられる!
一体どういうことなのでしょうか、見ていきましょう!

千葉県は、筍の生産量が首都圏1位!
そんな千葉県にある大多喜町で、白筍は生まれています。

大多喜町は、かつて海底でした。
そのため、火山灰の土壌が少なく、
土にはたくさんのミネラルを含んでいて、筍づくりに最適!

大多喜町で作られた筍は、普段よく見る筍のようなほんのり黄色ではなく、
綺麗な白色で地元では白筍と呼ばれています。
先から根元まですべてやわらかく、苦み、えぐみはほとんどありません。
なので、あく抜きなしでそのまま生で食べることが出来ます。

残念ながら、生産量が限られるため、県外には届かず。
地元の人でさえなかなか味わうことが出来ない、希少な筍です。
あまり流通していない幻の逸品とも言われています。
大多喜町は、そんな白筍で町も活性化させようと
「ふるさと名物応援宣言」も出しています。

かつて海底だった大多喜町だからこそ、味わえる味という事ですね(^^)
その土地の環境、土地柄、土の種類など、
多くの良い状況が重なったから生まれた奇跡の物ですね。
まさに奇跡の筍です!
貴重な白筍、食べてみたいですよね。

千葉県大多喜町の白筍の値段は?どこで売ってる?

残念ながら、白筍は県外のスーパーなどでは手に入らず、
千葉県のJAや農家直売所、道の駅でしか手に入りません。

しかし、JAのオンラインショップ、千葉県の名産品を販売しているサイト、
楽天市場などで、通販お取り寄せできます!
やはり希少な筍のため、すぐに完売してしまうので、購入出来たらラッキーですね♪

値段は、2㎏3~6本で、3500円程。
なかなか千葉県までは行けないという方は、ぜひお取り寄せして味わってみてください!

 

広告

白たけのこの美味しい食べ方

生でも食べられる貴重な白筍。
どのように食べるのがオススメなのでしょうか?
口コミも一緒に紹介していきます!

白筍の特徴と言ったら生で食べられること!
やはり白筍を1番満喫できるのは、生のお刺身で食べる事です。
また、さっと茹でて和え物にするのも良し!
他にも、天ぷら、炊き込みご飯、煮物など、さまざまな楽しみ方があります。

とりあえずあまり味付けはしないで、白筍そのものの味を楽しむのがおすすめです!

白筍だから味わえる、生のお刺身で食べてみたいですよね(^^)
生だから白筍そのものの味をしっかり味わえると思います。

苦み、えぐみがなく、あく抜きなしで食べられるのは、楽で嬉しいですよね♪

まずは新鮮なうちに生で食べて、次に食べる時はさっと茹でて、
味の違いや食感の違いなどを楽しむのも良いですね。
さまざまな食べ方に合うので、料理の幅も広がりますね。

白たけのこの口コミも見ていきましょう!

普段見慣れている黄色いたけのことはまた全然違った味が楽しめそうです・・!
灰汁の少ない絶品白たけのこ、機会があればぜひ味わってみたいですね♪

 

まとめ

筍づくりに最適な千葉県大多喜町で作られている白筍。
普段よく見る筍のようなほんのり黄色ではなく、綺麗な白色。

先から根元まですべてやわらかく、苦み、えぐみはほとんどありません。
なので、あく抜きなしでそのまま生で食べることが出来ます。
白筍だから味わえる生のお刺身で食べるのが、おすすめです。

値段は、2㎏3~6本で、3500円程。
千葉県のJAや農家直売所、JAのオンラインショップや楽天市場などで、購入可能です。

レアな白たけのこを食べられる機会があればラッキー?!
見つけたらまずは買ってみるのもいいですね。

タイトルとURLをコピーしました