養殖水産物の国際認証・ASC認証とは簡単にいうと?意味やデメリットは?宮城県石巻市のかき・銀鮭など、ASC認証を取得した魚介類は味が違う?

グルメ
広告

現在、持続可能な生活を送るための目標としてSDGsという言葉をよく聞きますよね。
しかし難しくて、なかなか理解するのも大変ですよね。

SDGsは、水産業でも取り組まれています。
養殖水産物で行われている活動、ASC認証とは一体どのようなものなのでしょうか?
どういう意味で、デメリットとしては何が挙げられるのでしょうか?

宮城県石巻市のかきや銀鮭などがASC認証を取得していますが、味は違う?

養殖水産物の国際認証・ASC認証とは何か、意味やデメリット、美味しいのかも調査したことをまとめていきます!

養殖水産物の国際認証・ASC認証とは?意味やデメリットも紹介!

宮城県石巻市のかきや銀鮭などが取得している、ASC認証

養殖水産物の国際認証であるASC認証とは何か、意味についても環境保全団体のWWFのホームページには以下のように書かれています。

ASC認証とは、水産養殖管理協議会(Aquaculture Stewardship Council)が管理運営する養殖に関する国際認証制度で、自然環境の汚染や資源の過剰利用の防止に加え、労働者や地域住民との誠実な関係構築を求めています。

引用元:WWFのホームページ

一体どのようなものなのか、詳しく見ていきましょう!

さまざまな問題に直面している世界。
持続可能な生活を送るための目標としてSDGsが重要となっています。
1人1人が意識することで、明るい未来へと近づきます。

そこで水産業が行っている活動が、ASC認証という国際認証で、宮城県石巻市のかきや銀鮭などが取得しています。
魚を獲るという事は、環境や個体数、生態系の維持など、さまざまな問題が出てきます。
ASC認証は世界の養殖業を管理し、持続可能な環境づくりにするため取り組んでいます。
管理されることにより、環境、生態系、水質など、持続可能な生活を送れるように取り組まれています。
しかし、日本ではまだASC認証が、あまり認知されていないのです。
まだまだ認知されていませんが、これからの1人1人の行動がカギとなっていくでしょう。

今が良くても、未来には良くないことがたくさんありますよね。
それを防ぐためにも、SDGsは重要ですね。
今と同じように生活していくには、環境に配慮するなど、1つ1つ問題を解決していくしかないですね。
1人1人が意識することで、明るい未来へと近づけるのなら、意識した方が良いですよね。
少し考え方を変えるだけで、未来を変えられるのならば、簡単ですよね。

ASC認証が誕生したのは、養殖業が盛んになったことから。
消費量が多くなり、魚が減っていく生態系など、さまざまな問題が発生しました。
今はたくさん魚を食べられるようになり、良いことだらけです。

しかし、それが持続できなくては意味がありません。
魚を増やすという事は、生態系の問題や環境の変化、水質の変化など、さまざまな問題が出てきてしまいます。
さまざまな決まりを突破したものだけが、ASC認証を表示することが出来ます。

どんどん魚を食べて、魚が増えるより減るスピードが早くなってしまっては問題ですよね。
魚を消費するまでには、水質や個体、環境など、さまざまな状況が影響していますよね。
全てに配慮するのは、とても大変ですね。

ASC認証を取得している魚を購入する消費者が増えると、取り組み自体もどんどん活発となっていきます。
また、認証のラベルを張っている事により、販売している企業も環境に配慮していると判断できます。
この循環により、どんどん養殖業が盛んとなっていきます。

ASC認証のデメリット

ASC認証のデメリットも紹介していきます。

私たち消費者はASC認証を取得している魚を購入することで、環境に配慮することができ、特にデメリットはないと言えます。

しかし、その認証にはさまざまな審査があり、費用がかかってしまうのです。
生産者は環境に配慮しているのに、審査費用がかかってしまうというデメリットがあります。

また、ASC認証は期限が決まっていて、更新のたびに費用がかかります。
その他にも、エサを変えなくてはいけなかったり、個体数を減らしたりと、生産者の負担が多いのです。

メリットがあれば、デメリットもありますよね。
私たち消費者は、環境に配慮したASC認証を取得している魚を購入するのが良いですね。
審査にお金がかかったり、個体数を減らしたり、生産者の負担が大きいですね。

環境に配慮したいという気持ちがあっても、なかなか難しいですね。
私たちはそんな生産者の思いも汲み取り、大切に味わいたいですね。
感謝の気持ちと応援の気持ちで購入しましょう。

ところで、宮城県石巻市のかきや銀鮭など、ASC認証を取得している魚の味はどうなのでしょうか?
認証が無いものと違うのでしょうか?
美味しいのかも見ていきましょう!

広告

宮城県石巻市のかきや銀鮭など、ASC認証を取得している魚介類は味が違う?美味しいのかも紹介!

宮城県のカキ養殖で、初めてASC認証を取得していますが、味はどうなのでしょうか?
認証していないものと違うのでしょうか?
美味しいのかも紹介していきます!

ASC認証を取得するには、さまざまな決まりがあり、養殖する個体数なども制限があります。
そのため、今まではより多くの魚を養殖しようとしていましたが、数を減らして養殖することになります。
しかし、そのおかげで1つ1つに栄養が行き渡り、大きく成長します。
また、今までもっと多くの魚がいたところに、数が少なくなり、広々と成長していたためストレスが軽減します。
環境に配慮することで、魚もより美味しくなっているのです。

美味しくて、環境にも配慮出来るのは嬉しいですよね。
環境に配慮することで、魚にも配慮している事になったのですね。
ストレスが無くなり、のびのびと生活出来るようになり、魚たちも嬉しいでしょうね。
これからの未来を考え、いつまでも美味しい魚を食べるためにも、ASC認証を取得している魚を選ぶのが良いですね。

まとめ

魚を獲るという事は、そこの環境や個体数、生態系の維持など、さまざまな問題がついてきます。
世界の養殖業を管理し、持続可能な環境づくりにするため、ASC認証はあります。
ASC認証の魚を購入することで、養殖業も盛り上がります。
生産者は環境に配慮しているのに、審査費用がかかってしまうというデメリットがあります。
個体数を減らすなど、ASC認証を取得するために行った事で、魚もより美味しくなっています。

タイトルとURLをコピーしました