茨城産が有名、オレンジ色のオレンジ白菜・オレンジクインと普通のハクサイとの違いは?育て方も違う?味、食べ方、品種、産地や栄養、どこで販売されているのかなども調査!

グルメ
広告

茨城産が有名、オレンジ色の白菜オレンジクインを知っていますか?
外の見た目は普通の白菜と同じですが、内側にいくにつれオレンジ色の芯葉となっているのが特徴です。

そんな、オレンジクインと普通の白菜との違いは?育て方も違うのでしょうか?
味や食べ方も気になりますよね。

あまり聞くことがないですが、オレンジクインはどこで販売されているのでしょうか?

以上のことに加え、この記事ではオレンジクインの品種や主な産地、栄養についても紹介していきます!

オレンジクインと普通のハクサイとの違いは?栄養価も違う?

茨城産が有名なオレンジクインと普通の白菜との違いは?
栄養面でも違いはあるのでしょうか?

現在、注目を集めている、栄養が豊富だと噂となっているオレンジクイン。
白菜は茨城産が有名ですが、オレンジ色の白菜オレンジクインが、その中でも人気で注目となっています。

中側が鮮やかなオレンジ色になっているのが特徴です。
オレンジクインのオレンジ色はシスリコピンによるもので、普通の白菜には含まれていません

シスリコピンは、オレンジ色のトマトなどにも含まれている栄養素です。
赤いトマトにも含まれていることで有名なリコピンより2.5倍、体に入りやすいと言われています。
オレンジ色の白菜は他にもポリフェノールが多いなど、栄養価が普通の白菜よりも高いと言われています。

冬と言ったら鍋の季節なので、品種の違う白菜を使って味の変化を楽しみたいですね♪
リコピンより2.5倍も多く、取り込まれるなんて凄いです。
オレンジ色のトマトなど、色が同じだとだいたい同じ栄養素が入っていますね。
栄養価が高いのは嬉しいですよね。
注目を集めているのも納得です。

普通の白菜は、鍋に入れるなど加熱して使う方が多いのではないでしょうか。
食べ方については下で詳しく説明しますが、甘味が強い事で臭みが少なく、オレンジクインは生でサラダなどにもピッタリです。

オレンジクインは育て方にも違いあり?品種や産地についても

オレンジ白菜は普通のものとは育て方も違うのでしょうか?
品種や産地についても紹介していきます!

白菜とカブの組み合わせから生まれ、品種はオレンジクインです。

全国的に作られているのですが、数が少なく統計が取れていません
白菜の全国一の生産地は茨城県ですが、茨城ではオレンジクインも生産
普通の白菜と育て方や旬の時期は同じです。

生で食べられるという事にびっくりですね。
白菜の生産量が1位で、たくさんの白菜を育てている茨城県だから、さまざまな品種に取り組みやすいのでしょう。
さまざまな品種を開発していく人も素晴らしいですよね。
現在生産されているものよりも、パワーアップしたものが生まれ続け、どんどん美味しいものが増えていきますね。
育て方や旬も同じで、全く違うものが出来るというのは不思議ですね。

注目を集めているオレンジクインはどんな味なのでしょうか?
食べ方やどこで販売されているのかも見ていきましょう!

広告

オレンジクインの味や食べ方は?

栄養豊富なオレンジクインはどんな味?普通の白菜とは違うのでしょうか?
食べ方や、どこで販売されているのかも紹介していきます!

オレンジクインはシスリコピンやポリフェノールなどを含み、体にも良い成分がたっぷり詰まっています。
甘みが強い事で臭みが少なく、食べやすいのが特徴です。
普通の白菜は鍋など加熱して食べますが、オレンジクインはそのまま生でオッケー

そのまま食べても美味しいので、サラダで食べるのがおすすめです!
油と取ることでシスリコピンの吸収率も高くなると言われており、ドレッシングとの相性も抜群です。

シャキシャキとした歯切れの良い食感、オレンジ色の見た目の鮮やかさから、サラダの彩りにもピッタリです。
また、生でも美味しく、色鮮やかで、ご飯がすすむ漬物などにもおすすめです。
もちろん、冬におすすめの体も温まる鍋やスープでも、美味しく食べられます。

せっかく生で食べても美味しいので、サラダで食べたいですね。
また、ドレッシングとの相性も抜群なので良いですね。
普通の白菜では味わうことの出来ない調理法で、一度は食べてみるのがおすすめですね。

彩りも良いので、見た目が華やかになって良いですね。
せっかく栄養価も高いので、栄養を余すことなく取り入れたいですよね。
冬は体も温まる鍋やスープで、しっかりと栄養も取りたいですね。

オレンジクインはどこで販売されている?

オレンジクインは、全国的に作られていますが生産数が少ないです。

比較的手に入りやすいのが、白菜全体の生産量が1位となっている茨城県です。

茨城県でも八千代町が最大の生産地となっており、JAやスーパーなどで販売されています。

“旬彩・やちよ”農産物八千代直売所
住所:茨城県結城郡八千代町若1306
電話:0296-30-3011
営業時間: 9:00~18:30(4-10月)
9:00~18:00(11-3月)
定休日:第1・第3水曜日、年末・年始

またオレンジクインの種は、Amazonや楽天市場などオンラインショップでも販売しています。

まだ生産数が少ないので、手に入りづらいですね。
白菜の生産数が1位の茨城県では、スーパーなど比較的手に入りやすいようですね。
近くにお出掛けする事があればぜひ、購入したいですね。
オレンジクインの種は、オンラインショップで購入出来るので、家庭菜園なども良いですね。
今はまだ手に入りにくいですが、見つけたらさまざまなアレンジで食べたいですね。

まとめ

白菜とカブの組み合わせから生まれた品種のオレンジクイン。

独特の黄色がかった色はシスリコピンという成分によるもので、普通の白菜にはありません。
育て方や旬の時期は普通の白菜と同じです。

オレンジクインで特徴的なのは、青臭さがなく、甘みが強いので、美味しく食べられる点です。
火を加えずそのまま食べても美味しいので、サラダで食べるのがおすすめ

茨城県八千代町のJAやスーパーなどでは、比較的購入しやすくなっています。

タイトルとURLをコピーしました