生芋こんにゃくはあく抜き不要?普通の精粉こんにゃくとの違いは?生芋こんにゃくの食べ方は生で食べるのがおすすめ?刺身での食べ方は?下茹で・茹で時間や下ごしらえ、保存や賞味期限、栄養や成分についても解説!

グルメ
広告

食物繊維豊富で、低カロリーなので、ダイエット中の方にも大人気となっているこんにゃく。
板こんにゃくや玉こんにゃく、白たきなど、さまざまな形があるのも特徴ですよね。

生芋こんにゃくはあく抜き不要?
下茹での茹で時間や下ごしらえは、どのようにしたら良い?
スーパーなどでもよく見かける、一般的なこんにゃくである精粉こんにゃくとの違いは?

生芋こんにゃくの食べ方も気になりますよね。
保存や賞味期限、栄養や成分についても紹介していきます!

生芋こんにゃくはあく抜き不要?必要?

こんにゃくと言ったら、あく抜きが必須と考える方も多いのではないでしょうか?

生芋こんにゃくはあく抜きしないと食べられないというわけではありませんが、ひと手間加える事でよりおいしく食べられます。
こんにゃくのアクは、こんにゃく芋が持つ臭み、凝固剤などによる生臭さです。
この臭みやえぐみを取り除くことで、味が染みやすくなったりクセが無くなったりして、食べやすくなります。

現在ではあく抜き不要のこんにゃくも、多く販売されています。
それでも全く臭みがないというわけではないので、気になる方はあく抜きしてから使うのが良いです。

よりおいしく食べるには、ひと手間も必要ですね!
現在ではあく抜き不要のこんにゃくもあるので、時間がない時は良いですね。

生芋こんにゃくのあくの抜き方:下茹での茹で時間や下ごしらえ

蒟蒻のアクの抜き方は簡単です。

まずは小さじ1程度の塩を全体に振りかけなじませます。
手でしっかりと揉みこんでから、さっと水で洗い流します。
その後、お湯を沸かした鍋に、こんにゃくを入れて2~3分茹でます

茹ですぎると硬くなってしまうので、気を付けましょう。
これで下茹では完了です。

このひと手間をすることで、よりおいしくこんにゃくを味わえます!

ひと手間加えるだけで、美味しくなるのならやった方が良いですよね。
塩をもみ込んで茹でるだけなので、簡単ですね。

精粉こんにゃくと生芋こんにゃくの違い

普通の精粉こんにゃくと生芋こんにゃくとの違いについてもお伝えしていきます。

もともとこんにゃくは、生芋をすりつぶし固めて作られていました。
そのためこんにゃく芋の皮が入り、黒っぽい仕上がりになっています。
こんにゃく芋は傷みが早く、保存がききませんでした。
そのため、こんにゃく芋の収穫時期である春~秋にしか作れませんでした。

そこで開発されたのが、現在多くの人が購入していて、スーパーなどでよく見られる精粉こんにゃくです。
こんにゃく芋を乾燥させ、粉にすることで長期間の保存がきき、1年中こんにゃくを食べるよう作られています。

1年中食べられるように開発した人が素晴らしいですよね。
その人のおかげで、今ではいつでも手に入る食材となっているのですね。

こんにゃく芋の収穫時期である春から秋にかけては、もともとの製法で作られた生芋こんにゃくを味わうのが良いですね!

そんな生芋こんにゃくの食べ方は、生で食べるのが良いのでしょうか?
刺身での食べ方や、下茹での茹で時間や下ごしらえについても見ていきましょう!

広告

生芋こんにゃくの美味しい食べ方

昔ながらの製法で作られている生芋こんにゃくですが、生で食べるのが美味しいのでしょうか?
美味しい食べ方や、刺身で食べるにはどのように食べるとよいのかなどお伝えしていきます。

生芋こんにゃくは、生芋をすりつぶして作っているので、風味が強く味がしっかりしているのが特徴!

生で食べる刺身が、より風味を満喫できます。

生芋こんにゃくは、歯ごたえがあるのが特徴ですが、刺身のようにスライスすることで歯切れが良くなります。

飲み会などでも、ヘルシーなおつまみとしてピッタリです。

また、練る事で作られる生芋こんにゃくには、スポンジのような穴がたくさん開いています。
そのため、煮込み料理にも味がしっかりと染みて、美味しいです。

サイコロ状にカットすることで、生芋こんにゃくの特徴でもある弾力も楽しめます
少し焦げ目をつける炒め料理など、さまざまな料理にピッタリの万能食材です。

調理の仕方、切り方など、それぞれ合った調理法で食べるのが良いです。

どんな料理にもピッタリの万能食材というのは、嬉しいですよね。
生芋こんにゃく本来の味を味わうには、生でそのまま食べる刺身ですね。
また、切り方などによって食感が変わるのも、楽しいですね。
切り方や調理法など、それぞれ合う調理の仕方を見つけるのも良いですね。

生芋こんにゃくの保存方法や賞味期限

保存や賞味期限についても紹介していきます!

こんにゃくの保存方法は、冷蔵保存が良いとされています。
賞味期限は、30~90日ほどです。

商品によっては、開封前なら直射日光などが当たらない涼しい場所での保管というのもあります。

こんにゃくを冷凍保存すると、グミのようにカチカチになってしまうので、気を付けましょう。

基本的には保存方法は、冷蔵保存ですね。
冷凍保存は注意ですね。

生芋こんにゃくの栄養や成分

こんにゃくは食物繊維が豊富で、ダイエット中の方にも人気です。

ほとんどの炭水化物が食物繊維なので、こんにゃく可食部100g中の糖質量は生芋こんにゃくで0.3gです。
たんぱく質や脂質も少ないので、カロリーは7kcalとヘルシーな食材となっています。

腸内環境を整えると言われている食物繊維、骨を育てるカルシウムも豊富です。
ただ低カロリーというわけではなく、体に良いとされる栄養素も豊富です。

そして、こんにゃくと言ったら低カロリーで、ダイエットの味方!
食物繊維、カルシウムも豊富で、体に良い栄養素もバッチリ!

まとめ

生芋こんにゃくは、生芋をすりつぶして作っているので、風味が強く味がしっかりしているのが特徴!
生で食べる刺身が、より風味を満喫できます。
あく抜きをした方がよりおいしく味わうことが出来ます。

腸内環境を整えると言われている食物繊維、骨を育てるカルシウムも豊富です。

アクの抜き方は、塩を全体に振りかけ、手でしっかりと揉みこんでから、さっと水で洗い流し2~3分茹でます

タイトルとURLをコピーしました