鯉を食べる地域はどこ?鯉料理はまずいイメージも?味や臭いについてのクチコミや値段は?絶品と評判、福島県郡山市の食用コイ・はぜるの販売店や通販も調査!

グルメ
OpenClipart-VectorsによるPixabayからの画像
広告

鯉と言ったら、神社や公園などで泳いでいるイメージではないでしょうか?
そんな鯉ですが、茨城県、福島県、宮崎県など食用鯉を食べる地域があります。

ですが鯉料理は泥臭く、まずいイメージもを持っている方も多いのではないでしょうか?
味や臭いについてのクチコミや評判が気になりますよね。

絶品と言われる福島県郡山市の上質食用鯉、はぜるとはどんな鯉で、どこで購入できるのでしょうか?

この記事では以上のことに加え、鯉の値段や「はぜる」はどこで販売されてるのか、お店や通販も紹介していきます!

楽天市場などで、ふるさと納税で買える郡山市の鯉の甘露煮が販売されています↓

鯉を食べる地域がある?

鯉を食べる地域とは!?
鯉は食べるというより、泳いでいるのを見るイメージという方も多いのではないでしょうか?

そんな鯉ですが、養殖が盛んな地域には、茨城県、福島県、宮崎県などがあります。
行事食であったり老舗の料理店で味わえるなど、鯉の養殖が盛んな地域では鯉料理が身近です。

鯉の養殖がトップクラスの福島県の中でも、市町村別で日本一の生産量となっているのが郡山市です。

郡山市では、鯉を仏事や慶事などで食べる文化がありました。
また、海が近くに無く、海産物が手軽に買えなかったため、川や池で育つ鯉が庶民の暮らしで良く食べられていました。
しかし、調理に手間や時間がかかり値段が高いことなど、鯉は次第に嫌煙されるように。
食生活の変化や新鮮でお手頃な魚が買えるようになったこともあり、地元で食べられなくなっていきました。
食べられる飲食店も減少、全国の他産地へ売られるようになってしまったのです。

鯉料理はまずいイメージも?福島県郡山市の鯉の味や臭いについて

鯉と言ったら泳いでいるのを見るイメージで、鯉料理はまずいイメージを持つ方も多いのではないでしょうか?

しかし、前述した郡山市の鯉は、育てている水の質が良く多くの方が思う鯉料理の嫌な臭いはありません
そこで、地元特産品である鯉の郷土料理復活へと動き出しました。
プロジェクトの効果もあり、市内の小中学校の給食では、フライや蒲焼が人気メニューとなっています。

郡山市で育つ鯉は、ミネラル分を多く含んだ良質な水で育てられています。
猪苗代湖からのミネラル豊富な水のおかげで、泥臭くなく、身がみずみずしく、透き通った桜色となっています。

また、寒い気候で育てるため、身がプリプリ
鯉は、薬魚と呼ばれるほど栄養価が高い事でも、注目を集めています。

二日酔い予防に効果がある強肝作用、疲労回復などの効果もあるとされています。
妊婦の体力回復やむくみ解消に効果があると言われており、婦人病にも欠かせない食べ物と言われています。

せっかく全国生産量1位なのに、地元で食べられていなかったというのは残念ですよね。
昔は食べられていても、食生活の変化から離れていってしまうのは、悲しい事ですね。
郷土料理復活へと動き出し、郡山市の鯉が素晴らしい鯉だったことが広がっていって嬉しいですね。
市内の小中学校の給食では、人気メニューになるなど、若い世代にも広がっていますね。
このまま多くの人に味わって欲しいですね。

広告

福島県郡山市の鯉のクチコミや評判

郡山市の鯉の味や臭いについてのクチコミや評判も見ていきましょう。

育てる環境を整えれば、美味しい鯉が生まれるのですね。
とても栄養価が高い鯉を食べていなかったなんて、もったいない。
泥臭くなく美味しい鯉が、栄養たっぷりならみんな食べますね。
強肝作用、疲労回復など、美味しい鯉を食べて体も元気になっちゃいましょう!

福島県郡山市産の鯉の値段

鯉の値段について、上でご紹介した郡山市の鯉を例に紹介していきます!

郡山市の鯉は、あらいと呼ばれる刺身や甘露煮などさまざまな料理で食べられています。

廣瀬養鯉場では、鯉甘露煮や鯉昆布巻きなど、550円で購入出来ます。
株式会社 熊田水産では、鯉のうま煮(5個入り)1944円で販売しています。

100gほどのパックとなったあらいは400~500円と高価でしたが、現在は300~400円ほどまで下がっています。

さまざまな料理にアレンジできるというのが、嬉しいですよね。

廣瀬養鯉場や株式会社 熊田水産では、加工品で販売されているので、簡単に食べられて良いですね。
価格もだんだん低くなり、手に取りやすくなっています。
スーパーなどでは、パック販売しているので、挑戦しやすいですね。

日本一の生産地で、絶品と言われる上質食用鯉の「はぜる」とは何で、どこで販売されているのでしょうか?
お店や通販についても、次に見ていきましょう!

福島県郡山市の絶品食用コイ・はぜるとは?

絶品と称される、福島県郡山市の上質食用鯉はぜるとは?
どこで販売されてるのか、お店や通販も紹介していきます!

身がはじけるような絶品の鯉を生産しているのが、日本一の生産地、福島県郡山市です。
そんなプリプリのはじけるような食感から、はぜると称されています。

甘みと苦味のバランスが良く、身がみずみずしく、透き通っているのが特徴です。

多くの方がイメージしている泥臭さは、猪苗代湖から引くミネラルたっぷりの水で育てている郡山市の鯉にはありません。
その他にも、手作りの良質なエサを使用するなど、生産者のこだわりのおかげで上質な食用鯉となっています。
寒鯉と言われ1年で最も美味しい鯉の旬は冬です。

やはり、育てる水やエサなど、こだわり抜いているから上質な食用鯉となるのでしょう。
はぜると称されているほど、身がプリプリなのが凄いですね。
甘味、苦み、みずみずしさ、多くの方がイメージしている鯉とは、全然違いますね。
これからが冬にかけて、鯉がとても美味しい季節となるので、食べてみたいですね。

はぜるはどこで販売されている?お店や通販について

福島県郡山市の鯉は、JA福島さくら直売所 旬の庭や農産物直売所 ベレッシュなどで購入出来ます。

また、イオン 郡山フェスタ店やイトーヨーカドー郡山店など、地元のスーパーでも販売しているので、手軽に味わえます。

廣瀬養鯉場や株式会社 熊田水産では、鯉甘露煮などの加工品を販売しています。
株式会社 熊田水産では、オンラインショップでも購入できます。

楽天市場では、ふるさと納税で鯉の甘露煮や西京焼きなどを、販売しています。


福島県郡山市では、比較的手軽に鯉が味わえますね。

加工品は、オンラインショップで購入出来るので、遠方の方は通販で購入出来ますね。
今はなかなか遠出が難しいので、通販で楽しみましょう。
はぜると呼ばれる上質な鯉が食べられる福島県郡山市へ、鯉を食べに行くことを目的に行くのも良いですね(^^)

まとめ

鯉の養殖が盛んな地域には、茨城県、福島県、宮崎県などがあります。
100gほどのパックとなったあらいは、400~500円と高価でしたが、現在は300~400円ほど。

福島県郡山市で味わえる絶品の鯉ははぜると称されています。
甘みと苦味のバランスが良く、身がみずみずしく、透き通っているのが特徴。
福島県郡山市の鯉は、JAや農産物直売所、地元のスーパーなどで購入出来ます。
また、鯉甘露煮などの加工品はオンラインショップで購入出来ます。

タイトルとURLをコピーしました