キャットシッターになるには?バイトは資格なしでもOK?給料やよくあるトラブルは?開業に必要な資格や、資格取得の費用は?千葉県南房総市・キャットシッターたまはなはどのように開業された?

動物
SimoneVomFeldによるPixabayからの画像
広告

旅行などで家を空けてしまう時、大切な猫の世話をしてくれるキャットシッター。
猫好きからキャットシッターになりたい人も増えています。

では、キャットシッターになるにはどうしたら良い?
バイトは資格なしでもできる?
給料やよくあるトラブルも気になりますよね。

また、バイトではなくて開業するにはどうしたらいいのでしょう?
千葉県南房総市にある猫専門のペットシッターのお店「キャットシッターたまはな」はどのように開業されたのかもご紹介していきます!

開業に必要な資格、資格取得にかかる費用なども含め、キャットシッターについて見ていきましょう!

キャットシッターになるには?バイトは資格なしでもOK?

大切に飼っている猫を世話してくれるキャットシッター。
犬の世話をするドッグシッターの方がまだまだ多く、貴重なキャットシッター。
キャットシッターになるにはどうすればいいのか、見ていきましょう!

ペットシッターの中でも猫を専門に見ているキャットシッターは、愛猫家に人気となっています。
猫ブームもあり、猫を飼っている人も増加!
同時に猫好きからキャットシッターになりたい人も増えています。

キャットシッターの資格を取るには、専門学校や通信講座、指定の講義と試験を受ける方法、働いて経験を積む方法などがあります。
専門学校は、卒業すれば無条件に動物取扱責任者を申請できます。
しっかりと先生からの指導を受けられるのでおすすめです。

しかし、高校卒業後に通う方は良いですが、仕事をしながら、また家庭を持ってから通う方などには難しいですよね。

そんな方には、実際にシッター業を行っている事業者の元で働いてキャットシッター資格を取得する方法もあります。
半年以上の実務経験があれば動物取扱業の申請が出来ます。
勤務先からの推薦状、勤続証明書などを作ってもらうことが必要です。

しかし、求人が少なくなかなか働くことが出来なかったり、開業したいからとなると雇ってくれないなど、難しいようです。
資格を取得していずれやめることが分かっているとなると、雇う方も考えてしまいますよね。

他にも、指定の講義と試験を受ける方法もあります。
約1週間の実技などを行い、試験を受ける方法で短期間で資格取得が可能です。
試験場所、試験日が決まっているので、自分が行くことの出来る日なのか、場所なのかが限られます。
また、受講人数が決まっており、一定数に達してしまうと申し込みが締め切りとなります。
通信講座では、修了者に就職や独立開業のサポートをしてくれるところも多く、おすすめです。

動物取扱業の申請は出来ませんが、キャットケアスペシャリスト、猫健康管理士、ねこ検定など、さまざまな資格があります。

バイトは資格なしでもOK?

キャットシッターは特に資格は入りませんが、猫の品種、生態、飼育方法など、知識は必要となります。
特に資格はいらないので、猫好きからバイトで入ることも可能です。

しかし、資格を持っていた方がお客さんも安心、自分も知識を身に付けることができるのでより良いといえます。

キャットシッターの給料はどのくらい?

キャットシッターの給料はどのくらいなのでしょうか?

資格や経験の有無などによっても変わりますが、キャットシッター業務の時給は1時間2500~3000円ほど。
個人で開業した場合、月収は平均で15~25万円と言われています。

まだまだ知名度が低く、厳しい世界となっています。
ですが、猫好き増加で知名度も上がってきているので、利用客がこれから多くなってくるのではないでしょうか。
どれだけ利用してもらうかがカギですね!

自分に合う方法で、資格取得するのが良いですね。
仕事していても取得が可能なのは、嬉しいですよね。
いつキャットシッターになろうと思っても、キャットシッターになれます。
猫好き増加で知名度も上がってきているので、需要も増えてくるかもしれませんねし、たくさんの資格があるので勉強のためにもいろいろ取るのも良いですね。

 

広告

猫シッターに関するよくあるトラブル

お家を空ける時にお願いするキャットシッターなので、残念ながらトラブルも多いようです。
よくあるキャットシッターに関するトラブルも紹介していきます。

動物を取り扱う仕事をする業者は、動物取扱業の資格が必要です。
しかし、この資格を取得していないのにキャットシッター業務を行っている事業者もいるようです。

事業者は宣伝をするとき、登録情報を記載する事が義務付けられています。
資格取得の有無は、HPやチラシなどに登録番号や事業者名が掲載されているかで確認しましょう。

お家を空ける時にお願いするため、お家の鍵をキャットシッターに預けたら紛失されてしまうトラブルもあるようです。

また、業務中に猫がけがをしてしまった、お家にあったものが壊れてしまったなどのトラブルも…。
換気のために窓を開けた、ベランダが好きと聞いてベランダに出た際に猫が逃げ出してしまうこともあるそう。

それ以外にも、悪気はないかと思いますが、勝手に掃除をされた、猫用品以外の洗い物がしてあったなんてことも。
これは飼い主によっては嬉しいかもしれませんが、勝手に私物を触られたくないという方もいるかと思います。

このようなトラブルによる損害を避けるため、キャットシッターには何かあれば責任を取りますという損害保険があります。
キャットシッターが損害保険に加入しているかも確認しておきましょう。

猫を預かるので、悪気はなくてもトラブルは付きものですよね。
なるべくドアを開ける動作はやらないよう伝えたり、逃げ出さない対策をしておくのが良いですね!
そして入って欲しくない部屋を伝えたり、壊されたくないものなどはしまっておくなどの対策も。

キャットシッター業務開始前に、キャットシッター側はお客様からしてほしくないことは事細かく話してもらう、またしてほしいことだけをするというように、お互いに詳しく話し合っておくことでトラブルを避けることができるのではないでしょうか。

 

キャットシッター開業に必要な資格と取得費用

次にキャットシッターとして開業するのに必要な資格についても見ていきましょう!

開業に必要な資格

キャットシッター開業には、動物取扱責任者という資格を持った人が1人いる事が必要です。
動物を取り扱う仕事、トリマーやペットショップ、動物園も同じです。
スタッフ全員が持っている必要はありません。

動物愛護法で動物取扱業を取得していない業者は営業してはいけないと法律で定められています。
資格を取得せず開業すると、法律違反となり厳しく罰せられます。
猫専門の資格は他にもたくさんありますが、民間資格なので、取得しても動物取扱業の申請は出来ません。

資格取得の費用

キャットシッター業の開業に向けての資格取得にかかる費用は、一般社団法人日本ペット技能検定協会が指定する講座受講料90200円
ライセンス交付料14000円がかかり、資格取得には合計104200円かかります。
(2021年8月現在)

キャットシッター単体の講座はありません。
そのため、キャットケアスペシャリスト講座で学び、キャットシッターとキャットケアスペシャリストの資格が取得できます。

専門学校では、年間100万円ほどの授業料がかかります。

キャットシッター開業には、動物取扱責任者という資格を持った人が1人いる事が必要なのですね。
取得せず開業すると法律違反となるので、気を付けましょう!
猫専門の資格は他にもたくさんあるので、いろいろな資格を取得すると知識も増えていくので良いですね。
資格取得には少し金額がかかってしまいますが、将来のため、自分のために必要ではないでしょうか。

 

キャットシッターたまはなはどのように開業された?

猫好き増加により、人気となっているキャットシッター。
開業するにはどうすればいいのか、最後に例を挙げてお伝えしていきます。

千葉県南房総市にある猫専門のペットシッター「キャットシッターたまはな」は、50代のご夫婦によって営業されています。2018年に奥様が開業されました。

代表の岩﨑華枝さんは子供の頃から実家では犬を飼っていました。
ずっと犬との生活をしていくと思っていた時、営んでいたパン屋の裏に弱っている猫を発見。
保護することとなりますが、犬の知識しかないことに気が付きます。

そんな時に旦那様が、日本でキャットシッターのパイオニアと言われている猫の森(株)南里秀子さんの著書「猫と暮らせば」を買ってきました。

そこから猫について興味がわき、猫についてのセミナーである猫の学校、初ねこ倶楽部、老猫専科などに参加しています。

「猫の学校」、「老猫専科」は南里秀子さんの書籍タイトルにもなっています。

南里秀子さんのキャットシッターから引退、育成も終了との情報からキャットシッター育成講座を受講
そして、2018年7月22日に開業に至りました。

猫を保護したことから、キャットシッター開業することとなるのは凄いですね!
犬も猫も可愛がってきた代表の岩﨑華枝さんなら、安心して預けられますね。

猫と出会い、キャットシッターとなったことは、運命かもしれないですね。
岩﨑華枝さんのような素晴らしいキャットシッターが増えていくと良いですね!

 

まとめ

キャットシッターに資格はいらず、バイトで入ることも可能。
業務は1時間2500~3000円ほどで、月収は平均で15~25万円と言われています。
鍵の紛失、猫のけがや物の破損などのトラブルも。

千葉県南房総市にあるキャットシッターたまはなは、2018年7月22日に開業されました。
キャットシッター開業には、動物取扱責任者という資格を持った人が1人いる事が必要です。
資格取得には、講座受講料90200円、ライセンス交付料14000円、合計104200円かかります。

一生懸命勉強して、一発合格を目指しましょう(^^)

タイトルとURLをコピーしました