名古屋城の天守閣に入れないのはいつまで?なぜ木造復元計画がされているの?名古屋城観光の所要時間も調査!

国内旅行
Andiar Yudha Rizki DarmawanによるPixabayからの画像
広告

1615年に徳川家康によって建てられた名古屋城ですが、現在は木造復元化によって天守閣には入れないようになっています。

ではいつから入れるのかというと、201857~2022年復元完成までは入れないことになっています。

木造復元化している理由は、老朽化が原因だとしています。

名古屋城観光の所要時間は、じっくり見たいのであれば1日かかるそうです。

いつから入れて、なぜ木造復元化?

名古屋城の天守閣は2018年の57日~2022年末の復元完成までは、入れないことになっています。

なので、入れるとしても2023年になりそうです。

それまでが待ち遠しいですよね~

では、なぜ木造復元化するのか!

一番の理由は、老朽化です。

1959年に再建してから60年以上経過しているんです。

なので、耐震性能の確保が難しくなってきたからです。

なんで木造なのか、豊富な史資料に昭和実測図にかかれていた名古屋城が木造だったんです。

なので、それを忠実に再現するために、外観や内部構造を木造で復元していきます。

それと同時に名古屋城の中をバリアフリーにしようと計画もあります。

でもまだ決まっておらず、実現に向けて検討中との事です。

名古屋城観光の所要時間は?

人それぞれなので、断言はできませんがじっくり見て回ろうとするならば1日かかります。

理由はチェックして見ておきたい場所がたくさんあるからです。

城内だけで約1時間かかります。

天守閣の中だと、名古屋城には小天守、大天守の2つがあり、主に大天守を見学します。

大天守は地下1階、地上七階になります。

おススメでは、最上階の7階から地下1階まで各階見ながら降りてくるのがおススメになります。

これだけで所要時間は約30分ぐらいかかります。

本丸御殿は約30分ぐらいで、名古屋おもてなし武将隊の演武は1時間ぐらいあります。

他にもイベントなどもあるので、プラス約30分ぐらいになります。

全部で約4時間かかるんですΣ(ω・ノ)ノ!

上に書いた時間はあくまでも、目安なのでもっと時間かかる可能性もありますし、自分が見たいところだけ見たら短くなる可能性もあります。

観光にプラスで食事の時間などもいれたらもっと時間かかりそうですね。

ここで豆知識です!やっぱりお昼どきは混むので、11時過ぎぐらいにいくといいですよ

時間がない方は、行く前から見るところを激選して計画して行くほうがいいですね^^

時間のある方は、ぜひじっくりゆっくり見てみてください!

名古屋城かなり深いですね^^

本当に全部見るってなると1日じゃ足りない感じがします。

でも1日かかっても見たいですよね。

お城好きな方には、たまらないんでしょうね^^

広告

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、名古屋城の天守閣はいつまで入れないのか、そしてなぜ木造復元化しているのか。

名古屋城観光の所要時間はどれぐらいかについて、書かせていただきました!

・天守閣は2023年復元完了まで入れない

・豊富な史資料に昭和実測図に忠実につくるためと老朽化で木造復元

・名古屋城を全部見るには、1日かかる

凄いですよね。

やっぱりお城を全部復元するには時間がかかりますよね。

でも忠実に復元している最中なので、出来るまでがすごく楽しみです。

待ち遠しいです。

ひそかにお城めぐりが流行ってるので、出来上がったら注目を浴びますね。

最初の方は、人でいっぱいかもしれないので落ち着いてから行くのがベストですね

私も名古屋に行く事があればぜひ寄ってみたいです!!

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました