岩手県のホタテの旬はいつからいつまで?通販で肉厚&濃厚な帆立が買える!

ホタテ 旬 グルメ
meineresterampeによるPixabayからの画像
広告

ホタテって肉厚で濃厚で、生でも焼いてもグラタンに入れても美味しく食べられるオールマイティーな食材ですよね。

ホタテといえば北海道が有名ですが、岩手のホタテは三陸の海のプランクトンをたくさん食べて育っているので肉厚・濃厚で美味しいそうなんです。

岩手のホタテは養殖が多いそうですが、旬は一般の養殖ホタテと同じで冬・夏の二回と言われています。冬は卵が大きくなるため、また夏は貝柱が成長するためにホタテの旬と言われているんですね。

ですが最近は養殖技術や保存方法が進んでいることで、一年中楽しめる食材とも言われているのですが。

こちらの記事では岩手県のホタテの旬について詳しくお伝えします。
また、岩手の美味しいホタテは通販もできて、お取り寄せすることでお店ではあまり出されないような極上のホタテのお刺身を味わうこともできるそう!以下ではホタテの通販に関しても合わせてお伝えしていきますね。

岩手のホタテの旬はいつからいつまで?

岩手のホタテの旬は冬と夏の二回と言われています。

真冬から春にかけての卵が成長する時期は、ホタテの身が最も大きくなるため肉厚で美味しいと言われています。

反対に、初夏から真夏にかけても岩手のホタテの旬と言われていて、その時期には貝柱が大きく成長するので濃厚で美味しいホタテが食べられるのです。この時期のホタテは甘味が強くなります。

ただ、一般的には以上のように言われているものの、実際には岩手のホタテは1年中美味しく食べることができるとも言います。

というのも、養殖がメインの岩手のホタテは、養殖・保存の技術向上により最近では季節を問わず美味しく食べられるようになったからとのこと。

どの季節に買ってもハズレはなく、ホタテが美味しく食べられるのは本当にありがたいですね!

ちなみに岩手など三陸で育てられているホタテは養殖ホタテがメインだそうですが、天然、純天然(地まきもの)のホタテと同じように海の中の自然のプランクトンを食べて育つそうです。

餌を与えられるわけでもなく養殖ホタテも自然のプランクトンを食べて育っているんですね。実際、同じ海で育った天然・養殖ホタテに味の違いはないとも言われています。

岩手県産ホタテは通販もできる!

厚みがあり、濃厚で深い旨味があるという岩手県産のホタテですが、通販もできます。

岩手県山田町の山田湾は、ホタテ養殖が活発な岩手県内の養殖場の一つだそう。山田湾ではたくさんの試行錯誤の成果として、肉厚で大きなホタテが取れるということです。

この、岩手県の山田湾で取れるホタテは楽天で通販できます。ふるさと納税もできるんですね♪

たとえばこちらの三陸山田漁協からは産地直送、大サイズのホタテを通販できますね!

 

お刺身にもバター焼きにもぴったりとのこと。とても甘いというこの岩手のホタテ、ぜひ味わってみたいです。

岩手県産ホタテが使われている「帆立グラタン」も気になります。

ホタテってクリームとの相性もバッチリですよね。

新鮮なホタテの旨味が味わえるというこの帆立グラタン、生ものは苦手という方にも良いかもしれません。

広告

まとめ

岩手県のホタテの旬は夏、冬と年に二回あることをお話ししました。

冬は卵が大きくなるので卵のプリプリ感を楽しめて、夏は貝柱が太くなり甘味が強く濃厚な食感を楽しめるということです。

夏と冬、どちらが美味しいのかはきっと好みですね。

ただ、最近は養殖技術、食品保存技術がアップしているので養殖ホタテは1年中美味しく食べられるというのもまた事実だそうです。岩手県産養殖ホタテにも同じことが言えるそうです。

冷凍ホタテなら1年中同じ美味しいホタテを味わうことができそうです。

岩手県山田町のホタテを例に、岩手のホタテは通販できることもご紹介しました。

ふるさと納税もできるので、お得に美味しいホタテを楽しめそうですね

タイトルとURLをコピーしました