神奈川真鶴町の魚伝-うおでん-の新しい干物・アタラシイヒモノとは?洋風干物?の味や種類、美味しい食べ方!伊勢丹などで買える?口コミや、販売店舗や通販など、どこで買えるかについても!

グルメ
MeincheによるPixabayからの画像
広告

神奈川県真鶴町の魚伝(うおでん)が販売している「アタラシイヒモノ」は、日本とフレンチを融合している名前の通り「アタラシイ」干物です。

干物を作ったシェフや購入した人から聞かれた声はとにかく美味しいというもの。
アタラシイヒモノの種類は6種類あり、美味しい食べ方としておすすめなのがアクアパッツァにして食べる食べ方です。

記事ではアタラシイヒモノはどこで購入できるのか、販売店などもご紹介します。

干物を知らない若い人、また新しいスタイルの干物に興味のある方などに向けてまとめましたので、ぜひ記事を読んでみてください。

魚伝の従来の干物は楽天市場などで簡単に購入することもできます。

神奈川県真鶴町・魚伝のアタラシイヒモノとは?

新しい干物?洋風干物?アタラシイヒモノとは一体どんな干物なのでしょう?

神奈川県真鶴町にある有限会社魚伝の公式ホームページや、お店のfacebookからアタラシイヒモノについて調べました。

アタラシイヒモノはは2018年9月14日にリリースされました。

神奈川県真鶴町の魚伝(うおでん)5代目の店主を務める青木良磨さんが、フランスの三つ星レストランのシェフである田村浩二シェフの監修を受けて洋風の新しい干物は誕生しました。

アタラシイヒモノはオーブンやフライパンを使って調理するのが特徴で、魚グリルを使わないので魚グリルを汚さずに料理できる利点があります。
また、シェフの作ったソミュール液と砂糖、塩、ハーブといった調味料を合わせている点も特筆すべき点です。

ハーブとスパイスはシェフによって厳選され、老舗に代々伝わる和食の伝統にフレンチの技がかけ合わされています。
脇役と言われていた干物を食卓の中心となるようにとの思いから誕生しました。

洋風干物・アタラシイヒモノの味や美味しい食べ方

前述のフランス三つ星レストランの田村浩二シェフは、アタラシイヒモノを使ってアクアパッツァを調理した時にとても簡単にできて、大丈夫かと思ったほどだそうです。
実際に作って家族で食べてみたところ、魚の出汁と調味液の出汁が出ていて美味しく最高と絶賛だったそうです。

アタラシイヒモノの種類は全6種類で、

・金目鯛ハーブ&ガーリック
・銀鮭ハラス チョリソー
・サバ 黒七味
・サバ チョリソー
・シイラ ハーブ&ガーリック
・アジ ハーブ&ガーリック

があります。
(2021年9月現在)

アタラシイヒモノを使った美味しい食べ方を紹介します。

・アクアパッツァ

アタラシイヒモノはアクアパッツァにして食べるのがとてもおすすめです。
理由は家庭で身近に食べられるからだけではなく、フライパンで魚を香ばしく焼いて、野菜、水、ハーブの3つを加えて軽く煮込んで簡単にできるからです。

その他の料理方法としては、

・ハーブグリル
・鯛めし
・サラダ
・ブイヤベース

このような美味しい食べ方があります。

レシピは魚伝のホームページにアクセスすると17品目が載っています。(2021年9月現在)
健康に気を遣っている方にとってもとても参考になるレシピです。

広告

アタラシイヒモノの購入できる場所は?口コミも

アタラシイヒモノは2018年9月に伊勢丹新宿店で行われたオンリー・エムアイ キャンペーンで初めて披露されました。

購入できる店舗や通販を調べてみると、

・東京都中野区の宮城漁師酒場 魚谷屋
・神奈川県足柄 honohono
・静岡県浜松市・日本雑貨店  りんでん
・東京銀座・老舗高級干物店 銀座伴助

などで味わったり購入したりすることができます。
また、通販では魚伝公式ホームページから購入することができます。

なお、魚伝のアタラシイヒモノの中でアタラシイヒモノ5種セット」は1番人気です。
セットは先程紹介した種類が全て含まれていて、公式サイトで購入できます。

魚伝でアタラシイヒモノを購入した人の食べログの口コミも簡単に紹介します。

シイラハーブ&ガーリックを購入したパンが好きな女性は、シイラを焼いてピクルスと野菜を合わせて食べたら美味しかったとの声がありました。

まとめ

魚伝が販売している「アタラシイヒモノ」について調べました。

干物のイメージは身体にいいと言われ、値段が安定していて簡単に料理できる食材です。
一方で、見た目は平凡で焼き方が難しいといった声も聞かれてきますが、干すことで旨味が凝縮される食材です。

そんな干物に新しさを取り入れることで、多くの人を虜にしている魚伝のアタラシイヒモノ。
うおでんの公式サイトを中心に調べると、ヒモノや漁業のイメージを変える革新的な取り組みであると感じました。

一度ぜひ、従来の干物との違いを楽しみながら、アタラシイヒモノを味わってみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました