京都で有名、乾燥湯葉の戻し方は?乾燥湯葉は戻してもかたい?美味しい食べ方はそのまま刺身、味噌汁、それとも揚げる?乾燥湯葉の値段、保存方法や賞味期限、栄養やカロリーについても調査

グルメ
Yung-pin PaoによるPixabayからの画像
広告

京都で有名な乾燥湯葉には様々な種類があります。

乾燥湯葉を適温で水かお湯につけると美味しく食べることができます。
乾燥湯葉のままだと固いですが、水に浸けることで柔らかくなります。

湯葉の美味しい食べ方は様々あります。
食欲の落ちる暑い夏の季節にはみそ汁にして食べると美味しく食べられます。

この記事では、乾燥湯葉の戻し方や美味しい食べ方、保存方法やカロリーについてなどお伝えしていきます。

京都の乾燥湯葉は楽天市場などからもお取り寄せできます。

京都で有名、乾燥湯葉の戻し方は?

家電 Watchの情報を基に湯葉について調べました。
湯葉には板のような平湯葉や、巻かれた状態の巻き湯葉などがあります。

乾燥湯葉の戻し方の手順について説明します。

まずは、およそ90度の水かお湯につけます。
この時に、熱湯で戻すと大豆の風味がなくなるので注意してください。
乾燥湯葉
10グラムであればお湯や水の目安は400ミリリットルです。

お湯の場合はつけてから3分で、水の場合は10分ほどで元に戻ります。
湯葉の種類によってお湯や水に浸ける時間が変わります。

平湯葉は大きく割れやすいので、布巾を軽く絞り10分以上包んでから戻す方法もあります。
このようにすると、形が崩れにくくムラのない状態になります。

ゆばにも種類は様々ありますが、戻すことで美味しく食べることができます。

腐竹と呼ばれる中国の乾燥湯葉についても紹介します。
棒のような形で見た目は竹のようで固いです。
実際に戻した人の声は、乾燥したままの状態では固く水に入れて戻して煮ることで柔らかくなりました。

その他、戻すと水分を含んで黄色から白く色が変化します。
サラダや野菜炒め、煮物などにして食べると美味しいです。

 

乾燥湯葉はそのまま刺身で、または味噌汁に?それとも揚げる?美味しい食べ方について

管理栄養士の方によれば、湯葉料理は吸い物や煮物に使われることが多く平湯葉を野菜に巻いて食べることもあります。
なお、生湯葉は刺身にして食べるのがおすすめとのことです。

湯葉を使った3種類の料理について紹介します。

まずは刺身です。
刺身料理は滑らかでつるつるした食感です。
重曹を少し加えることで簡単に作ることができます。
刺身を食べたら柔らかくて美味しかったとの声が多くありました。

次にみそ汁です。
乾燥湯葉6グラムと細ネギ2本、出汁3カップに味噌大さじ3杯を使った「湯葉の味噌汁」はのど越しがさらっとしていてネギの香りが良いです。
味噌汁を作って味わった人によると、ゆばを入れただけでみそ汁が美味しかった、玉ねぎを入れてみると更にいいとの声がありました。

最後は揚げる料理です。
乾燥ゆば(平ゆば)、さば水煮缶、大葉、薄力粉を材料にして作った「さばと大葉のゆば包み揚げ」は簡単にできる揚げ焼き料理です。
食べた人からは、ゆばは噛むとカリっとしていて大葉の香りはさわやかだったとの声の他に、つまみにも合うとの声もありました。

 

広告

乾燥湯葉は戻してもかたい?

乾燥湯葉は生湯葉よりも歯ごたえがしっかりしている特徴があります。

昔は精進料理に使われてきて、お坊さんが食べていました。
現在は健康食品やダイエット食としても人気が高いです。

大豆に手を加えてできた食べ物で、豆乳を温めると豆乳の表面にできます。
口当たりが良いので食欲が落ちても食べやすく、タンパクが中心の食材です。

乾燥湯葉は楽天市場などからお取り寄せで買うこともできます。

お得な訳あり品の湯葉はこちらです。

乾燥湯葉の賞味期限、保存方法やカロリー

湯葉は乾燥させることで日持ちし、常温保存することができます

京都市にある湯葉専門店「湯波吉」で販売されている乾燥湯葉の賞味期限はおよそ2カ月ですが、生湯葉ですと4日と短く冷蔵保存が必要です。

栄養は高く、高タンパクで低カロリー、大豆の旨味が感じられます。

カロリーは2015年の日本食品標準成分表によると、生湯葉は100グラムで231カロリーに対して、乾燥湯葉は530カロリーとおよそ4倍あります。

 

まとめ

京都でも有名な乾燥湯葉や生湯葉について調べました。

乾燥湯葉の戻し方はお湯に3分漬けるだけと簡単です。

乾燥湯葉は歯ごたえがあり、生湯葉よりかたいと感じる人もいます。
美味しい食べ方は、戻した乾燥湯葉をそのまま刺身として、または味噌汁に入れたり揚げ物にしたりと様々です。
暑い夏の時期は、ネギに加えて唐辛子を加えたみそ汁にしてみると食欲がわくのではないかと感じました。

いろいろな種類があり、料理することで食欲のない夏にも美味しく頂けて一年中楽しめる食材の乾燥湯葉。日々の食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました