電動キックボードシェアのluup(ループ)の設置場所や利用料金は?お得なクーポンはある?免許は必要?支払い方法や充電についてなど使い方も調査

その他
広告

マイクロモビリティのシェアリングサービスのluup(ループ)は2020年4月23日に東京都内で電動キックボードシェアを始めました。
東京都内には約300ポートあり、電動キックボードは200ポートで利用することができます。

利用料金は初めて乗る場合は10分間で110円。
また、友達招待クーポンを使うと、30分間無料となるお得なサービスもあります。

電動キックボードは小型特殊自動車に位置付けられているので、普通自動車免許が必要になります。料金の支払い方法は現在クレジットカードに対応しています。
また、利用するにはアプリを入れる必要がありますが、電動キックボードの使い方も簡単に解説します。

移動手段は歩くのは面倒だけど、公共交通機関は人が多くて密になってストレスを感じてしまう。
移動手段で快適なものはないかと探している人はぜひ参考にしてみてください。

Luupアプリのダウンロードは公式サイトからできます↓



Luupとは?設置場所はどこ?

Luupは電動キックボードのシェアサービスのことです。
東京都内には街中のポートという水色の枠においてある黒い小さなキックボードです。

見た目は小さくて何だか怪しいかと思われるかもしれませんが、可愛い印象もあります。
電動キックボードは通勤や買い物に使っている人もいます。

電動キックボードが置かれている設置場所は東京都内で6区あります。
6区は渋谷区をはじめ、新宿、品川、世田谷、目黒、港区となります。

Luupはエリア内ではポート数が一番多いキックボードシェアサービスとなっています。

使ったことがある人によると、目黒区にはおよそ50カ所のポートがあります。
また、飲食店や駐車場の空いたスペースが貸し出し場所や返却場所になっていて、東京都内には電動キックボードが停められるのは200カ所ほどあります。

Luupの使用料金

電動キックボードを使うときはライド料金がかかります。
Luupの公式ホームページから調べたところ、初めて乗るときは10分間で110円、以降は1分ごとに税込16.5円かかります。

また、ポート外で停車して、ライドを終了した時には回収費用がかかり1回につき150円となります。

なお、電動キックボードをポート外で停車することは禁止されています。
ポート外停車区域は赤枠で囲まれた場所で、東京都と大阪府の場所はLuupサイクルの「ポート外停車禁止区域」に掲載されています。

停車するときは赤い枠線の外に停めることやその他、機体の撤去や悪質な行為が確認された場合は諸費用を支払わないといけないこともあります。
使うときはルールを守って使用しましょう。

広告

Luupをお得に使えるクーポン

Luupではクーポンも有ります

利用方法は、LUUPアプリのメニューからクーポンを選択して登録を押します。

クーポンコードを打ち込むとクーポンを使うことができます。
なお、クーポンは乗る前に登録してください。
クーポンは乗ったとき、登録した順番に使うことができます。

luupの友達紹介クーポン

電動キックボードを友達と一緒に楽しみたい、伝えてあげたいならば是非「友達招待」を利用しましょう。

アプリにある友達招待を押して、友達招待画面から自分の招待コードを友達に教えます。友達にクーポンコードを伝えることで、友達にクーポンコードが入ります。
そして、1回使うことで紹介者は友人紹介クーポンが手に入ります。

友達招待コードは招待した方もされた方も30分間無料のクーポンをもらうことができます。

luupの使い方

Luupを使うには、まずは下記の公式サイトからアプリをダウンロードする必要があります。
電動キックボードに乗れる!【LUUP】

電動キックボードは小型特殊自動車として位置づけられているので、使うときは普通自動車免許が必要になります。

電動キックボードに乗るときは車の免許証が必要で、免許証を事前に登録することと事前テストに合格する必要があります。
事前テストは全問正解することが条件となります。

ヘルメット着用は義務ではないですが、つけることを勧めています。万が一、事故が起きたときは警察の連絡が必要になります。

Luupの利用料金の支払い方法

Luupは現在クレジットカードでの支払いに対応していて、クレジットカード以外での支払い方法はこれから対応していきます。
なお、料金はアプリのメニューにあるライド履歴から確認することができます。

Luupの乗り方

まずはループのアプリからポートを見つけます。ポートに来たらQRコードかIDを入れてロックを解除します。
解除の仕方はカギについているコードをカメラで読み取る、もしくはIDは5桁の番号を入力します。

次に返却する場所を予約します。ライド開始のボタンを押して鍵が解除されると使うことができます。

ここからはキックボードに乗って、それぞれ目的に応じた旅を楽しんでください。なお、目的地を変更しても大丈夫です。

返却方法

電動キックボードに乗って自分の目的が達成できたら、返却します。
目的地に着いたらライド終了を押します。
このとき、はじめに設定した目的地と異なる場所で返すときは目的地を変更するから場所を変更してください。

サドルの下にあるカギを音がするまで下げます。
色のついたポートの枠に自転車を返したことが分かるように、スマートフォンで電動キックボードとポートが写るように写真を撮ってください。
決済は1分ほどかかり、これで終了です。

注意事項としては、ポート以外で返すときは歩く人の邪魔にならない場所に置くことと、手動で鍵を閉めてから、下赤枠の「ポート外停車」を押してください。
なお、回収するためのピックアップ料金が別で必要になります。

Luup充電についての注意点

乗るときは、バッテリーがあるかどうかの確認が大切です。
バッテリーが点灯していれば、残量が30〜100パーセントあります。
点滅している場合はバッテリーが少ないので充電が必要ですが、バッテリーは人の手によって充電されたものに交換されています。
その他、ランプや方向指示器、ブレーキランプがつくのかなども確認します。

なお、使い方詳細はご利用ガイドを参照にしてください。

まとめ

電動キックボードを使った人からは都会的な感じがして短い距離、長い距離を問わずに楽しめた、移動が楽だったなどの声が聞かれました。
ニュースではウーバーイーツの店員が快適に移動しているのを見て、便利になったなと感じました。

これからの将来はどんどん電動キックボードが各地に広がっていくのではないかと思うとわくわくしてきました。

タイトルとURLをコピーしました