鹿児島県指宿市のそら豆の旬の時期は?日持ちはする?何分茹でると美味しいの?わたまで美味しく食べる方法も!

グルメ
Chris ReadingによるPixabayからの画像
広告

そら豆の生産量日本1位の鹿児島県指宿市。
「かごしまブランド」としても認められています。

そんな品質が認められている
鹿児島県指宿市のそら豆の旬の時期はいつなのでしょうか?

たくさんまとめ買いして、食べきれないなんてことも!
そら豆は日持ちするのでしょうか?
何分茹でたら良いのかも気になりませんか?

さまざま料理にアレンジ可能!?

鹿児島県指宿市のそら豆の旬の時期、
わたまで美味しく食べる方法も紹介していきます!

鹿児島県指宿市のそら豆の旬の時期は?日持ちはする?

栄養満点としても人気となっているそら豆。
鹿児島県指宿市のそら豆の旬の時期は?

食材で1番気になるのは日持ちですよね。
そら豆は日持ちするのでしょうか?
鹿児島県指宿市のそら豆について紹介していきます(^^)

鹿児島県指宿市はそら豆の生産量日本1位!
温かい気候の鹿児島県指宿市はそら豆の宝庫となっています。
そして、自然豊かですくすくと育った新鮮で大きなそら豆です。

「かごしまブランド」として認められていて、品質も良く、
安心安全に食べられるそら豆となっています。

鹿児島県指宿市のそら豆の特徴は、大粒で甘みが強く、味が濃い!
新鮮だから青臭さもなく、薄皮も柔らかいので、
調理後はそのまま薄皮ごと食べられます。

そら豆の旬の時期は産地によって違い、
関東周辺は4月~6月頃、寒冷地方は6月~7月頃が旬の時期。
温かい気候の鹿児島指宿市産のそら豆は、一足先の12月~4月に旬を迎えます。

そら豆は、豆の熟れ方がちょうど良いのは3日間程と言われています。
おいしく食べられる時期がとても短いです。

そのため、買ったらすぐに食べることが1番良いです。
どうしてもの場合は、野菜庫など
冷暗所でさやつきのまま保存するのが良いです。

また、固めに茹で、冷凍保存するのも良いです。

そして、そら豆は栄養満点!
食物繊維やビタミンB群、たんぱく質やカルシウムなど
たくさんの栄養素が含まれています。

ビタミンB2、ビタミンB1が豊富なことからそら豆は、
「若返りの野菜」とも言われています。

そら豆には、温かい気候と自然が豊かな環境が良いのですね!
その土地によって環境が違い、育つ作物も違ってくることは、面白いですよね。

そら豆の生産量日本1位で、ブランドとしても認められている事は素晴らしいです。
「若返りの野菜」とも言われるほど、栄養満点なのはビックリです。

そんな、栄養満点のそら豆。
何分茹でると美味しいのでしょうか?
わたまで美味しく食べる方法も見ていきましょう!

 

何分茹でると美味しい?わたまで美味しく食べる方法も紹介!

そら豆と言ったら皮が硬いイメージですが、
何分茹でると美味しいのでしょうか?

わたまで美味しく食べる方法も紹介していきます!

沸騰したお湯にさやから出したそら豆を入れます。
茹で時間は3分程が良いと言われています。
茹で上がったら塩を振って、塩ゆでの完成!

鹿児島県指宿市のそら豆は、これだけでも美味しく食べられます。
簡単なので、お酒のつまみにもピッタリ!

さやごと焼くだけ完成の焼きそら豆!
オーブンで焼く場合は、破裂しやすいので、
さやに穴をあけておきましょう。

旨味たっぷりのわたも美味しく食べられます。

他にも、そら豆の旨味いっぱいのそら豆ごはん、
すりつぶして旨味をそのまま楽しめるポタージュや汁物。
すりつぶしたそら豆とクリームチーズなど、さまざまな料理にピッタリです。

茹でて塩をまぶすだけ簡単の塩ゆでは、忙しい方にはピッタリですね。
これだけでも十分美味しいことが、素晴らしいです。

そして、栄養も満点なので、どんどん食べてしまいますね。
焼くだけの焼きそら豆は、わたも美味しく食べられて良いです。
「かごしまブランド」として認められていて、品質も良いから味わえる特別な味ですね(^^)

広告

まとめ

鹿児島県指宿市はそら豆の生産量日本1位!
温かい気候の鹿児島指宿市産のそら豆は、一足先の12月~4月に旬を迎えます。

残念ながら、おいしく食べられる時期がとても短いので、
買ったらすぐに食べることが1番良いです。

どうしてもの場合は、野菜庫など冷暗所でさやつきのまま保存か、
固めにゆでて冷凍保存するのが良いです。

さやごと焼くだけ焼きそら豆、茹で上がったら塩を振って塩ゆでなど、
シンプルでも美味しく食べられます!

タイトルとURLをコピーしました